グ・ラ・メ! 総理の料理番 (剛力彩芽さん)

gouriki07
剛力彩芽さんは、テレビ朝日系列の毎週金曜深夜の「金曜ナイトドラマ」枠にて放送されている連続ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』に一木くるみ 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
高級料亭で仲居のアルバイトをしている一木くるみ(剛力彩芽さん)は、内閣総理大臣の阿藤一郎(小日向文世さん)と政界の実力者の大口潤三(団時朗さん)の会食を担当する。大口はなぜか料理に手を付けず、会合の雰囲気も悪くなるばかり。そんな中、くるみは手を付けない理由に気づき、店に無断で料理を作って大口に出す。くるみに勧められてそれを口にした大口は、突然上機嫌になって料理を食べだし、会合の雰囲気も好転する。同席していた総理の政務秘書官・古賀征二(滝藤賢一さん)は、くるみに目を付けて色々と調べる。
実はくるみは、かつてパリの高級レストランで総料理長の右腕として働いていた経験を持っていた。その実績と会食での機転を買った古賀は、くるみに総理任命の官邸料理人候補としてテストを受けるよう要請するのだった…。

吉田茂政権以来、約70年ぶりに総理任命の官邸料理人を復活させることになり、25歳の女性料理人・一木くるみにその白羽の矢が立てられました。
くるみが、気難しい政治家・国家レベルのゲストたちを相手にどのような料理を振る舞ってどう影響を与えていくのか楽しみですし、くるみに敵対心むき出しで接してくる官邸食堂の料理長・清沢晴樹(高橋一生さん)やその部下たちとのぶつかり合いも見どころの1つでしょう。くるみが作り出していく多種多様な料理や、官邸で繰り広げられる人間模様も楽しめそうです。
原作は、新潮社の「週刊コミックバンチ」で連載されていた漫画『グ・ラ・メ!-大宰相の料理人-』(作:西村ミツル、画:大崎充)です。

スポンサーリンク