銀魂2 (柳楽優弥さん)

yagirayuya02
映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、空知英秋さんの漫画を実写映画化した『銀魂』の続編です。前作に続き福田雄一監督がメガホンを取っています。
柳楽優弥さんは土方十四郎 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
時は幕末。地球人と宇宙からやって来た天人(=あまんと)が共に暮らす江戸・かぶき町。家賃を払うお金もない万事屋メンバーの坂田銀時(小栗旬さん)、志村新八(菅田将暉さん)、神楽(橋本環奈さん)はアルバイトをすることに。新八の姉・妙(長澤まさみさん)のつてでキャバクラに勤めたり、床屋の留守番をしたりするが、なぜか行く先々で将軍・徳川茂茂(勝地涼さん)に出くわして、打ち首になってもおかしくないことをしでかしてしまう。
同じ頃、江戸の治安を守る特殊警察・真選組では内紛の火種がくすぶっていた。原因は伊東鴨太郎(三浦春馬さん)だ。伊東は真選組に入隊してからまだ1年程しか経っていない新参者だが、文武両道で優れた能力を有するため参謀の地位まで登りつめていた。局長・近藤勲(中村勘九郎さん)からは「先生」と呼ばれていて、副長・土方十四郎(柳楽優弥さん)はそれが気に入らない。土方と伊東はお互い殺してやりたい程に忌み嫌い合っている。
そんな中、土方は何者かにチップを埋め込まれ、第2の人格=ヘタレオタク“トッシー”に体を乗っ取られて、問題行動を起こして真選組を追われてしまう。そのことを自覚した土方は、正気の時に恥も外聞もかなぐり捨てて、犬猿の仲である銀時に頭を下げて「俺たちの真選組を守ってくれ」と頼む。その矢先、銀時たちの目の前で土方は命を狙われ、伊東が近藤暗殺も目論んでいることが判明するのだった…。

今回も前作同様ネタ祭りといった感じで面白かったです。
ストーリーは、原作漫画の「将軍接待編」と「真選組動乱篇」がベースとなっていました。個人的にツボだったのは、ストーリーとはあまり関係ありませんが、銀時たちが留守番をしている床屋に将軍がお忍びで来る場面です。将軍がマゲを結い直してほしいと依頼するのですが、神楽がマゲを剃り落としてしまい、銀時が残った髪の毛でマゲを結おうと試み、髪を引っ張り過ぎて将軍の顔の皮膚も引っ張られて物凄い形相になります。極め付きは、その頭の上にゴールデンレトリバーのうんこ(モザイク処理済み)を乗せてごまかすところです。原作漫画にもある場面ですが、実写で観ると面白さ倍増でした。
ネタで印象的だったのは、“『相棒』の鑑識の人”こと六角精児さんのブラック・ジャック、VRで繰り広げられる『新世紀エヴァンゲリオン』ネタ、『となりのトトロ』のネコバスならぬアライグマバス、『踊る大捜査線』を彷彿させるエンディングテーマなどです。トッシーこと土方がしゃべるセリフの中にも『機動戦士ガンダム』や『ドラゴンボール』、『Dr.スランプ アラレちゃん』などのネタが出てきて面白かったです。
アクションも見応えがありました。沖田総悟(吉沢亮さん)&神楽VS伊東一派、土方VS伊東、銀時VS河上万斉(窪田正孝さん)などのバトルが特に印象的でした。
国が滅ぼうが侍が滅ぼうがどうでもよく、今も昔も己の魂と大切な仲間を護るために命を懸けて戦ってきた銀時。そんな真面目な面もある彼の今後の活躍も観てみたいものです。気の早い話ですが続編希望です。