アオイホノオ (柳楽優弥さん)

yagira
柳楽優弥さんは、テレビ東京系列の毎週金曜深夜の「ドラマ24」枠にて放送されている連続ドラマ『アオイホノオ』に焔モユル役で出演しています。
先日は第1話が放送されました(地域によって放送日が異なります)。
●あらすじと感想
時は1980年代初頭。クリエイター志望の大阪芸術大学1回生・焔モユル(柳楽優弥さん)は、先輩の森永とんこ(山本美月さん)に憧れて漫画とは無関係のバドミントン部に入部するが、自分の才能に過剰な自信を持っていた。
授業で最初の課題「パラパラ漫画」。モユルはかなり自信満々だったが、教室では庵野ヒデアキ(安田顕さん)の作品がもてはやされる。モユルが庵野の作品を見たところ、とてつもなくレベルの高い作品だった。驚愕しつつも次回の巻き返しを誓うモユル。
次なる課題は、グループを作って5分程度の映像作品をつくるというものだった。そんな中、自分ではまったく絵が描けないし描くつもりもないが、描ける人間を操ってアニメ業界で一儲けしようと目論むプロデューサー志望の男・山賀ヒロユキ(ムロツヨシさん)なども頭角を現しだすのだった…。

原作は島本和彦さんの同名漫画で、監督・脚本はテレビドラマ“勇者ヨシヒコシリーズ”を手掛けた福田雄一さんが担当しています。
主人公・モユルはプロデビュー前の島本さんをモチーフに描かれているそうで、「この物語はフィクションである」としながらも実在の人物が多数登場しています。今を時めくクリエイターたちの、まだ何者でもないながらも熱かった過去の日々が描かれていくようで楽しみです。
モユルがライバルたちの作品を客観的かつマニアックに分析するシーンが面白かったです。かなりの自信家のモユルですが、相手を認める謙虚さを持ち合わせていて、その上でさらに闘争心を燃やすところが凄いと思いました。今後の展開も楽しみです。

スポンサーリンク