働きマン (速水もこみちさん)

mokomichi
速水もこみちさんは、毎週水曜夜10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『働きマン』に田中邦男 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
敏腕編集者・松方弘子(菅野美穂さん)は、仕事モードに入ると、血中に男性ホルモンが分泌され、寝食・恋愛・衣食・衛生の観念が消失した状態なり、通常の3倍の速さで仕事をするようになる。そのことから後輩の渚マユ(平山あや)たちから「働きマン」と呼ばれている。その一方で、恋人・山城新二(吉沢悠さん)とのすれ違いの日々に不満を募らせているのだった…。

本作は、安野モヨコさんの同名漫画をドラマ化したものです。弘子が仕事と恋の両立に葛藤しながらも奮闘する姿を描いています。
弘子が“働きマン”として仕事に没頭する猪突猛進ぶりは痛快でした。そこへ、仕事に重きを置いておらず労力や努力を嫌うという対照的な新人編集者・田中邦男(速水もこみちさん)を置くことで、“働くこと”の意義を問いかけているようです。第1話の最後の方のセリフがそれを象徴していると言えるでしょう。
「仕事は、俺も楽しいですよ。けど、人生ってそれだけじゃないじゃないですか。俺はごめんですね。仕事しかない人生だった…まあそんな風に、思って死ぬの」(邦男)
「私は、仕事したなーって思って死にたい」(弘子)

スポンサーリンク