パパとムスメの7日間 (舘ひろしさん)

tachi
舘ひろしさんは、毎週日曜夜9時TBS系列にて放送されている日曜劇場『パパとムスメの7日間』に主人公・川原恭一郎 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
川原恭一郎(舘ひろしさん)はしがないサラリーマン。東京近郊の一軒家に妻・理恵子(麻生祐未さん)と娘・小梅(新垣結衣さん)と暮らしている。
恭一郎は、ある悩みを抱えていた。それは、思春期かそれとも反抗期のせいか小梅が全く口を利いてくれないことだ。
そんな小梅は、学校の先輩・大杉健太(加藤成亮さん)に恋愛中。土曜日には初デートをする約束までしていた。
しかし、恭一郎と小梅は一緒に乗った電車の事故をきっかけに、人格(心)が入れ替わってしまったからさあ大変!本当のことを話したら、頭が変になったと思われるとの判断で、2人だけの秘密にすることにした。
仕方なく元に戻るまで、恭一郎の外見をした小梅は、会社に、小梅の外見をした恭一郎は、学校に通うことにするが、慣れない生活に恭一郎と小梅は四苦八苦。
そんな中、恭一郎の外見をした小梅は、お得意先の会社の人に「セクハラ」について、一方、小梅の外見をした恭一郎は、友人を妊娠させてしまったというその彼氏に「子どもができるということ」について、それぞれ説教ともいえる意見をずけずけと言ってしまう。
「ちょっと一言だけいいですか」という風に話を切り出すそれぞれの姿は、さすが親子というべきかそっくりだった。幸い、どちらもその誠意が通じて事無きを得た。
そして、ついに訪れた土曜日。小梅に説得され、しぶしぶデートを引き受けることにした恭一郎は、待ち合わせの場所でちょっと怪しい笑みを浮かべる。どうやらデートを失敗に導くつもりらしい。心配してこっそりと尾行していた小梅は、その表情を見逃さなかった…。

女子高生を演じる舘さんと、オジサンを演じる新垣さんの、言動とビジュアルのギャップが面白いです。また、ジーンと来る要素もあり、「家族」についてちょっと考えさせられるようなドラマです。
人格(心)が入れ替わってしまったことで嫌でも助け合わなければならなくなった父と娘。誰にも言えない秘密を持った2人の間に起こる様々な事件を通して、2人は成長し、お互いの心の距離を縮めていくのでしょう。

スポンサーリンク