きょうは会社休みます。 最終回 (ブルドッグ)

bulldog
日本テレビ系列の毎週水曜夜10時枠にて放送されていた連続ドラマ『きょうは会社休みます。』は昨日、最終回(第10話)を迎えました。
●あらすじと感想
青石花笑(綾瀬はるかさん)は、田之倉悠斗(福士蒼汰さん)の将来を考えて別れを告げましたが、そんな矢先、朝尾侑(玉木宏さん)からプロポーズされました。
朝尾と結婚なんて考えられないと思う花笑ですが、朝尾と友人・笹野一華(平岩紙さん)から指摘されて、朝尾とは気を遣わずに何でも話せる関係であることを自覚します。
花笑は、自分は本当に田之倉のことが好きだったのか、そもそも誰かを好きになるというのは一体どういうことなんだろうと悩みだします。田之倉の送別会が終わって顔を合わせなくなれば忘れることができて、次の一歩を踏み出すこともできるのではないかと思う花笑ですが、送別会終了後、田之倉からの感謝と別れのメールを受け取り、自分がずっと田之倉からの連絡を待っていたこと、田之倉のことが今でも好きなことを思い知りました。それと同時に田之倉のことを絶対に忘れなければならないと決心します。
その後、花笑は朝尾のプロポーズを断りました。絶対忘れなきゃいけない人のことが好きだから朝尾とは結婚できないと考えたのです。
このままずっと一人でいる覚悟を決めた花笑は、総合職へ転職して仕事一筋の日々を送ります。そんな折、映画館で戸崎啓子(香椎由宇さん)と鉢合わせした花笑は、田之倉がアメリカに留学することを知らされました。
そして、加々見龍生(千葉雄大さん)の恋が実を結び、大川瞳(仲里依紗さん)と加々見の結婚式の日を迎えました。花笑は、田之倉が結婚式に出席するかもしれないと思ってそわそわしますが、大城壮(田口淳之介さん)から田之倉の留学の出発の日が今日であることを知らされて動揺します。田之倉に未練があるという花笑の心を見透かした朝尾と、花笑には幸せになってもらいたいと思っている大城は、田之倉の出発に間に合うとして花笑の背中を押しました。実は花笑に対して同じような気持ちを抱いていたであろう朝尾と大城。まるで花笑にフラれたかのような格好の2人の間には、友情の芽生えのようなものが感じられて微笑ましかったです。
花笑と田之倉は成田空港行きのバス停で無事会えました。花笑は「待っててもいい?」と質問し、田之倉は「待ってて。1年で帰って来る」と言いました。動き出すバスに向かって走りながら手を振る花笑が健気で可愛らしかったです。
それから1年後。田之倉が帰国しました。花笑は会社を休んで空港に出迎えに行き、2人は仲良く手を繋いで歩きます。青石花笑、31歳。元彼と2度目の恋が始まるのでした…。

ブルドッグのマモル(ジェントル)、花笑の父・巌(浅野和之さん)、母・光代(高畑淳子さん)の青石家や、花笑の上司・立花貴昭(吹越満さん)をはじめとする帝江物産のデザート原料課の面々、料理屋「紅岩」の大将・ブッシーさんこと武士沢吉洋(田口浩正さん)もいい味を出していました。そして、なんといっても花笑の妄想シーンが面白かったです。

スポンサーリンク