リバウンド (相武紗季さん)

aibu05
相武紗季さんは、日本テレビ系列にて毎週水曜夜10時から放送されている連続ドラマ『リバウンド』に大場信子 役で出演しています。
昨日は第3話が放送されました。
●あらすじと感想
体重78キロだった大場信子(相武紗季さん)がダイエットとリバウンドを繰り返す中で、“恋”や“仕事”のさまざまな試練を乗り越えながら、本当の自分を見つけるまでを描いていくようです。
信子は、恋人・風見研作(勝地涼さん)に振られたのを機に一念発起し、1年間で33キロのダイエットを成功させ、憧れのファッション誌「EDEN」への就職も果たしました。
取材で知り合ったパティシエ・今井太一(速水もこみちさん)の新作ケーキ作りをひょんなことから手伝うはめになった信子は、試食を繰り返す中でリバウンドしてしまいました。かなり太ってしまい、太一には別人だと勘違いされたため、「佐藤チヨコ」という偽名を名乗って、太一のケーキ店でアルバイトすることになってしまいました。それから信子はダイエットに励むものの一向に体重は減らず、神谷ビューティークリニック医院長・神谷貴之(半海一晃さん)に泣きつき、2週間の入院と食欲を抑える無認可の薬を服用することで、再びダイエットを成功させました。
一方、信子が太一には内緒でダイエット入院して会えない間に、太一は新作ケーキ作りで試食を繰り返し、その結果、急激に太ってしまいました。実は太一も信子同様に太りやすい体質で、小さい時には見た目と名前から「ふといち」と呼ばれていじめられていたという過去を持っていたのです。
ようやく痩せて太一と再会する信子ですが、そこには、太ったことにより卑屈になり、劣等感をあらわにする太一がいました。そんな太一に我慢しきれず、信子は太一に「佐藤チヨコ」は自分だったことを明かし、なんでもかんでもデブや相手のせいにして逃げる性格を指摘して叱りつけました。
叱咤された太一は、奮起して新作ケーキを完成させ、しかも元のスリムな姿に戻って信子の前に現れました。信子と太一はめでたく結ばれ、前途洋洋かと思われましたが、信子が服用している薬には恐ろしい副作用があるらしく、ネットで話題になっていました。それに加えなんと実は太一も信子に隠れて食欲を抑える無認可の薬を飲んでいました。2人はまだ副作用のことを知りませんが、どうなってしまうのでしょうか。
コメディを基調としながらも、“外見が違うと人は態度が変わる” “人それぞれにベストの体重がある”など教訓めいたことも出てきます。「なんで私がデブでも付き合ってくれたの?」という信子の質問に、研作が「だって、それがおまえだろ」と答えていたのも印象的です。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク