泣くな、はらちゃん (忽那汐里さん)

kutsuna03
忽那汐里さんは、日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されている連続ドラマ『泣くな、はらちゃん』に紺野清美 役で出演しています。
一昨日は第7話が放送されました。
●あらすじと感想
越前さん(麻生久美子さん)とはらちゃん(長瀬智也さん)、紺野清美(忽那汐里さん)とマキヒロ(賀来賢人さん)はそれぞれ両思いになりました。でも、はらちゃんとマキヒロは越前さんの描いた漫画の世界の住人です。自分たちが描かれたノートを誰かが開くと、はらちゃんたちは漫画の世界へ戻ってしまいます。
はらちゃんが漫画の世界の住人であることを理解した越前さんは、はらちゃんにプロポーズされるものの、互いが生きている世界の違いに戸惑い、申し出を断ります。はらちゃんもまた越前さんのそんな気持ちを察して、自らノートを開いて漫画の世界へと戻っていきました。
そんな矢先、越前さんの家族が誤ってノートを資源回収に出してしまいました。古紙再生工場で、はらちゃんたち漫画の世界の住民全員が現実の世界へ飛び出し、紆余曲折がありながらも、越前さんのもとへたどり着きました。はらちゃんがいない寂しさを実感した越前さんは、はらちゃんたちが漫画の世界に戻らないよう、ノートをビニールテープで封印。これで自分たちは現実の世界にずっといられると、はらちゃんたちは喜ぶのでした…。

かまぼこ工場のパートリーダー・矢口百合子(薬師丸ひろ子さん)は、ユキ姉(奥貫薫さん)の姿を見て隠れました。百合子とユキ姉との間には何か因縁があるようです。今後の展開も楽しみです。

スポンサーリンク