ちはやふる 結び (野村周平さん)

nomurashuhei
映画『ちはやふる-結び-』は、末次由紀さんの同名漫画を実写映画化した2部作(『上の句』『下の句』)の続きで完結編です。
野村周平さんは真島太一 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
緊迫した空気に包まれる競技かるた名人位・クイーン位決定戦。現クイーン若宮詩暢(松岡茉優さん)の対戦相手は綾瀬千早(広瀬すずさん)ではなく、綿谷新(新田真剣佑さん)の後輩・我妻伊織(清原果耶さん)。現名人・周防久志(賀来賢人さん)の対戦相手は千早たちの恩師・原田秀雄(國村隼さん)だ。詩暢は伊織を下して防衛。周防も原田を下して5連覇を果たし、史上5人目の永世名人となる。会場にいた千早は詩暢に「来年こそここで私とかるたしようね」と呼びかける。新は引退を宣言していた周防に対して辞めないよう訴え「原田先生のカタキは僕が取ります」と宣言。それを聞いた周防は「じゃあ後もう1年だけ」と言ってあっさり引退を撤回する。その後、千早と再会した新は「好きや、千早」と告白。千早は驚きのあまり固まって倒れてしまう。その様子を遠くから真島太一(野村周平さん)が見ていた。
春を迎え、瑞沢高校かるた部は新入部員獲得に力を入れる。なぜなら千早たちがもう3年生でいなくなるため、部の存続自体が危ぶまれるからだ。最終的にかるた経験者の筑波秋博(佐野勇斗さん)と、太一に一目惚れした花野菫(優希美青さん)が入部した。一方、新も自身の高校でかるた部を創設する。部員には準クイーンの伊織もいて、すでに強豪校といえる状態だ。
そんなある日、太一は須藤暁人(清水尋也さん)に誘われて東大かるた部を訪れ、周防と練習試合をするはめになる。当然のことながら手も足も出ない太一。試合後、周防から心の迷いを指摘される。そんな太一は、学年1番の成績をキープできなければかるた部を退部するという条件を親から課されているが、ついに成績を落としてしまう。全国大会を目指す瑞沢かるた部だが、予選を前にして太一が、受験勉強に専念するという理由で退部してしまうのだった…。

本作で一番印象的だったのは、やはり太一の葛藤と覚醒です。千早への想い、大学受験、競技かるたのことで悩む太一は、名人・周防と出会うことで転機が訪れます。周防や恩師・原田のおかげで太一は、偏見や先入観、既成概念を取っ払って、周防の言うところの一線を超えることができたのです。団体戦決勝の運命戦は、伏線が見事に活かされていて素晴らしかったです。
千早の成長ぶりも感心しました。相変わらず“かるたバカ”で全国大会とクイーンのことしか頭にない千早でしたが、後輩となる筑波と花野の入部、太一の離脱、かるた部顧問・宮内妙子(松田美由紀さん)の「チャンスにはドアノブが付いていない。誰かがドアを開けた時、迷わずに飛び込んでいけるかどうか」という言葉で視野が広くなっていきます。千早と後輩との絆、千早の将来の進路などが描かれていてよかったです。
周防が太一に語った「本当に強い人間は、周りにこそ強くする人だ。後進には希望を、相手には敬意を、そして仲間には勇気を与える」といった言葉も印象的でした。太一と今回成長した千早がまさにそれで、千早の「瑞沢かるた部がこれからもずっと続いていくように。これからもずっと、千年先も」という思いはその表れでしょう。
原作の漫画は現時点ではまだ完結していません。映画ではオリジナルの登場人物や展開など様々な変更があったので、漫画の方をご覧になったことがない方は、漫画も読んでみてその違いを確認するのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク