エンジェル・ハート (上川隆也さん)

kamikawa05
上川隆也さんは、日本テレビ系列の毎週日曜夜10時30分から放送されている連続ドラマ『エンジェル・ハート』に冴羽獠 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
警察に頼れないような依頼を請け負って悪党を懲らしめたりするシティハンター・冴羽獠(上川隆也さん)。彼には、仕事の相棒であり婚約者でもある槇村香(相武紗季さん)がいた。
ある日、香は不慮の事故に巻き込まれて脳死状態に陥る。失意に沈む獠は、香が生前に臓器提供意思表示カードを作っていたことを知る。そんな中、香は脳死と判定されるが、その直後、彼女の心臓は何者かによって強奪されてしまった。
1年後。平静を装う獠は、香の心臓を探し続けていた。一方、胸に大きな傷を持った女性(三吉彩花さん)が喫茶「キャッツアイ」に現れる。“グラス・ハート”と呼ばれる彼女の正体は、ある秘密結社の暗殺部隊の一員だった。凄腕ではあったが、度重なる暗殺命令によって心を蝕まれて1年前に自殺を図った彼女。実は、その際に香の心臓を移植されて一命を取り止めたのだ。そして、香の心が宿ったその心臓に導かれるように獠と出会うのだった…。

原作は北条司さんによる同名漫画で、同作者の代表作『シティーハンター』の世界観を引き継いだパラレルワールドとなっています。
本作第1話の感想ですが、登場人物が原作のイメージに近くてよかったです。多分それは俳優さんたちの努力の賜物でしょう。特に上川さん演じる冴羽獠やブラザートムさん演じる海坊主ことファルコンの再現率の高さに驚きました。
原作と比べるとストーリーやアクションシーンが切り詰められているのは、時間・予算等が限られるテレビドラマなので仕方がないことでしょう。多少無理やり感がありましたが、健闘している方だと思います。
原作同様、魅力的な登場人物や“人間愛”“家族愛”といったテーマが描かれていくことを期待します。

スポンサーリンク