左目探偵EYE 最終回

yokoyamayou03 yamadaryosuke07 ishiharasatomi05
日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されていた連続ドラマ『左目探偵EYE』は、昨日、最終回(第8話)を迎えました。
●あらすじと感想
連続傷害事件、バスジャックと犯行を重ねた池内和哉(甲本雅裕さん)の目的は、田中愛之助(山田涼介さん)への復讐だった。
それは、愛之助自身も忘れていた8年前のある事件に起因する。その事件とは、愛之助の不注意が原因で兄・夢人(横山裕さん)とともに2人組の男たちに誘拐され監禁された事件だ。愛之助たちの両親は、その時に慌てて身代金を届けようとして、電車にはねられて亡くなってしまった。そのことを知らされてショックを受ける夢人と愛之助に、犯人の1人の見張りの男は、追い討ちをかけるかのように愛之助たちの両親をばかにする。愛之助を守るために、隙をついて見張りの男を殺してしまった夢人。その後、夢人と愛之助は死体を遺棄して、夢人はずっと人を殺した記憶に苦しんだが、愛之助は幼かったからかそれとも事件のショックからか、すべてを忘れてしまっていた。しかし、その時の誘拐犯・池内に会い、愛之助はその恐ろしい出来事を思い出したのだ。殺された見張りの男は池内の弟で、その復讐のために愛之助に接触した池内だったが、愛之助に事件のことを思い出させるという目的を遂げた夢人は、裏で繋がっている宮本警視(小木茂光さん)に指示して射殺させた。
夢人の最終的な犯罪計画は、東京の都市機能を制御するスーパーコンピュータを設置したビルを破壊して東京を壊滅することだった。そのビルは警備が厳重で爆弾を直接仕掛けることができないため、近くのビルを破壊して倒していき、ドミノ倒しのように最後に目的のビルを潰す計画だった。愛之助に甘い夢人に痺れを切らした組織の幹部・小向典子(片平なぎささん)は、かつての相棒で脱走したばかりの黒晶晶(クリスタル・ケイさん)に協力してもらいながら、夢人を始末しようとするが、夢人の方が上手で小向と黒晶は逆にやられてしまう。夢人も銃弾をうけ、瀕死の状態になってしまう。愛之助は、吉田一郎(渡辺いっけいさん)から得た情報と左目に映った映像を手掛かりに、狭山瞳(石原さとみさん)に協力してもらいながら、ビルの破壊を食い止めた。その後、愛之助は、夢人を助けるためにすぐさま戻って病院に運ぼうとするが、その途中で夢人は息を引き取った。
時は経ち、愛之助は瞳と、池内の傷害事件に巻き込まれたが無事快復した秋風みるく(はるな愛さん)と一緒に夢人の墓参りをした。宮本警視が悪の組織と繋がっていることを知り、宮本警視と撃ち合いになった加藤隆刑事(岡田義徳さん)も無事現場に復帰し、宮本の起訴も決まった。そんな加藤刑事から愛之助に、夢人が生前立てた犯罪計画かもしれないという事件の協力の要請が来た。愛之助はそれを引き受け、再び左目がうずく。墓の近くというロケーションの中、愛之助は左目の映像を見るために、瞳に殴ってもらうのだった…。

夢人が愛之助を巻き込むようにして事件を起こしていた理由は分かりましたが、罪のない人を苦しめて巻き込んでいた理由がなくて残念でした。夢人は結局、人を殺してしまったことにより感覚が麻痺してしまった単なる犯罪プランナーだったということでしょうか。
犯罪計画に真っ向から挑んで勇敢に行動していく愛之助の活躍や、愛之助と瞳の掛け合いは面白かったです。