ぼくの妹 最終回 (千原ジュニアさん)

jr
千原ジュニアさんは、TBS系列にて毎週日曜夜9時から放送されていた日曜劇場『ぼくの妹』に九鬼研次 役で出演しました。
今週は第11話(最終回)が放送されました。
●あらすじと感想
江上盟(オダギリジョーさん)に「妹を幸せに出来ないのなら別れろ」と言われた九鬼研次(千原ジュニアさん)は、悩んだ末に別れる道を選びました。ショックを受ける颯(長澤まさみさん)でしたが、また別の人に恋をしてまた別れました。その際も盟は振り回されました。でも盟はわかっています。妹は勘の良い目端の聞く子だが、肝心なことは迷い、自分に判断を仰ぐ…それが自分たち兄妹の形だと。そして、盟は、妹の恋愛病は治りっこないが、兄としては妹が無事お嫁に行くまで遠くから見守るのみだとも考えています。
母親代わりを演じる妹・颯と、父親代わりになろうと努める兄・盟。なんとも面白い兄妹でした。結局、盟が「父のように田舎で開業医をやる」という夢に近づいたこと以外は振り出しに戻った感じですが、それも妹のおかげと言えなくも無いというのもまた面白いです。九鬼も江上兄妹のおかげで精神的にも経済的にもリセットできて感謝しているようですし、終わりよければ全てよしといった感じですね。

スポンサーリンク