シバトラ (南明奈さん)

akkina
アッキーナこと南明奈さんは、毎週火曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』に鮎川環 役で出演しています。
今週は第9話が放送されました。
●あらすじと感想
落合建夫(橋爪遼さん)が事件を起こす目的は「誰も信じられない世界を作ること」だということが明らかになった。
落合が少年刑務所へ面会に訪れていて、その面会で会っている若林(杉浦太雄さん)が落合の企てている計画に何か関係があるかもしれないと千葉さくら(真矢みきさん)から教えてもらった柴田竹虎(小池徹平さん)は、自ら少年刑務所への潜入捜査を申し出る。
一方、新庄徹(宮川大輔さん)は、さくらの違法調査に関する報告書を、監察官・常盤遼子(井上和香さん)に提出するが、取り合ってもらえない。さくらと遼子は以前先輩・後輩の関係で通じていたのだ。
数日後、少年刑務所に潜入することになった竹虎を待ち構えていたのは、同部屋の受刑者たちの「歓迎会」と称する殴る蹴るの暴行と、息子がいじめに遭って自殺してしまったことから少年犯罪を恨み、受刑者たちに行き過ぎた暴力をふるう看守・小杉(大河内浩さん)のしごきだった。小杉の亡くなった息子を気遣った竹虎の言葉で、小杉の態度に変化が生じる。そのことで、竹虎は同部屋の受刑者・伊能孝義(姜暢雄さん)に認められ、ボスだと思っていた若林は伊能の隠れみので、伊能こそがボスであり、落合の友達であることを知らされる。やがて、“計画”が始まった。少年刑務所内で竹虎の素性を唯一知る刑務所の所長が大麻所持で逮捕された後、受刑者たちが看守たちを襲うという暴動が起きた。そして、それらの騒動は始まりに過ぎず、国や法に守られた腐った権力者に裁きを下すことが自分たちの目的だと伊能は竹虎に明かす。さらに壁に掘られた穴を見せ、自分たちが脱獄することで、これから次々と腐敗した奴らの本性が暴かれていくと話す伊能。どうやらそれが落合の言っていた「誰も信じられない世界」らしい。竹虎は、計画を知ってしまった以上、脱獄に参加してもらうと迫られるのだった…。

藤木小次郎(藤木直人さん)たちの協力もあり、ついに落合と対峙する機会を得たさくら。落合が覚せい剤を警察官僚にまで流していたという重大な証言をしてくれるはずの当事者・島津という警視正が自殺をしてしまい、結局しっぽをつかめませんでした。
真っ直ぐな気持ちが伝わり、鮎川環(南明奈さん)と付き合うことになった白豚(塚地武雅さん)。そんな幸せの絶頂であるはずの白豚は、ハッキングで落合の居場所のみならず、その計画の全貌を知り、落合に計画中止を迫った結果、刺されて倒されてしまいました。このまま落合の計画がうまく運んでしまうのでしょうか? チーム・シバトラの活躍に期待します。

スポンサーリンク