1ポンドの福音 (亀梨和也さん)

kamenashi02
KAT-TUNの亀梨和也さんは、毎週土曜夜9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『1ポンドの福音』に主人公・畑中耕作 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
ドラマ『1ポンドの福音』の原作は、小学館『週刊ヤングサンデー』において、1987年から2007年にかけて不定期に連載されていた高橋留美子さんの同名漫画です。
畑中耕作(亀梨和也さん)は、デビュー戦を1ラウンドKOで飾り天性の逸材と騒がれるが、その後は連敗…。なぜなら試合中も食べ物に気を取られパンチを食らうという食欲が旺盛で根性なしのボクサーだからです。
そんな彼がふとしたきっかけで出会ったシスターアンジェラ(黒木メイサさん)に一目ぼれします。清廉潔白なシスターの愛を勝ち取るために、様々な困難に立ち向かいながら対戦相手に勝っていくというお話のようです。
第1話では、耕作は「なんでボクシングをやっているんだ?」という根本的な疑問を抱き、「やっぱりボクシング大好き」という答えを導き出す。それはアンジェラが好きという不純な動機であるにせよ、大きな一歩でしょう。
アンジェラは、耕作には「別の道を行くのが一番いい」とアドバイスをし、向田会長(小林聡美さん)には「(耕作を)絶対にチャンピオンにするべき」と矛盾したアドバイスをします。挙句の果てには、対戦相手の息子を喜ばすために試合に負ける方がいいようなことを言い出す始末。見事な未熟っぷりです。そんな彼女も耕作と共に成長していくのでしょう。
周辺の登場人物も個性的な人たちばかりなので、今後掘り下げられていくであろう人間模様も楽しみです。

スポンサーリンク