ストロベリーナイト (竹内結子さん)

takeuchi04
竹内結子さんは、フジテレビ系列にて毎週火曜夜9時から放送されている連続ドラマ『ストロベリーナイト』に姫川玲子 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
100人を超える死傷者を出した10年前の列車転覆事故。それは、踏切内に進入した飲酒運転の車が原因だった。危険運転致死傷罪は当時まだ存在せず、運転していた男・米田靖史(北上史欧さん)の刑期はたったの5年だった。そんな米田が出所後に列車事故と同じ場所で左右対称に真っ二つになってれき死する。警視庁捜査一課第十係の姫川玲子(竹内結子さん)たち“姫川班”のメンバーは自殺と他殺両面で捜査を始める。
姫川班の聞き込みによると、米田は居酒屋で8億6千万の賠償金支払い義務について大声で携帯電話で話をしていたらしい。米田が電話で話しながら店を出たのが7時、現場の線路までは徒歩15分、電車でひかれたのが7時55分、空白の40分に米田が何をしていたのか、米田の携帯が消えているのも気になるところ。姫川班から報告を受けた今泉春男係長(高嶋政宏さん)は、捜査本部が設けられる明日の午後までは、あくまでも基本的な動きにとどめ、突っ走らないようにと玲子に注意するのだった…。

原作は誉田哲也さんの警察小説『姫川玲子シリーズ』です。
2010年11月13日にフジテレビ系列『土曜プレミアム』特別企画でスペシャルドラマ化。先週6日には連続ドラマ版の本作放送に合わせ、若干の新撮部分を加えた『金曜プレステージ』特別企画枠ドラマレジェンドとして放送されました。
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係主任である警部補・姫川玲子が、男以上にタフな精神力をもち、個性あふれる刑事たちとぶつかり合いながら、立ちはだかる凶悪な難事件を解決していくお話のようです。
いわば男社会である警察で偏見と戦いながら、天性ともいえる鋭い勘を捜査に反映させて事件解決にこぎつけていく玲子の活躍が今後も楽しみです。