ドン★キホーテ 最終回 (高橋克実さん)

takahashikatsumi
高橋克実さんは、日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されていた連続ドラマ『ドン★キホーテ』に鯖島仁 役で出演しました。
一昨日は最終回(第11話)が放送されました。
●あらすじと感想
気になる総長戦は、「極道かるた」で決着をつけることになりました。なんでも今から22年前に鰯原総長(鈴々舎馬風さん)が制した戦いも極道かるたで、その時に京浜連合がばらばらになりかけるほどに遺恨を残したので極道かるたは封印され、その死闘は京浜連合の伝説となったそうです。
一方、城田姿の鯖島仁(松田翔太さん)が今回携わることになったのは、村上奈緒子(宮本裕子さん)と5歳の娘・香(遠藤瑠菜さん)の案件。奈緒子は極度の潔癖症でウィルスや菌を恐れ、香を一切外に出さず、幼稚園に通わせていませんでした。所長の水盛ミネコ(小林聡美さん)は母子が月に一度病院に行くタイミングを狙って、香を一時的に強制保護しようと考えました。
くしくも京浜連合極道かるた会と香ちゃん保護作戦の日は同日となってしまいました。極道かるた会は団体戦です。事前にかるた名人である城田姿の鯖島から特訓を受けていたこともあり、鯖島姿の城田正孝(高橋克実さん)たち鯖島組は好戦し、なんとか引き分けまで持ち込んで延長戦になりました。鯵沢組は、先ほどまでかるたの読み手を務めていた京浜連合若頭補佐の兎田亀男(白竜さん)が出ることになり、かなり手ごわい相手。そこで鯖島組の助っ人として登場したのが城田姿の鯖島です。2人は激しい接戦を繰り広げ、いよいよ最後の札。しかし、あろうことかここで城田姿の鯖島がお手つきをしてしまいました。ごまかそうとする城田姿の鯖島とそれを擁護する鯖島組、フライングを指摘して自分たちの勝ちを主張する鯵沢組で会場は騒然。そんな中、鯖島姿の城田が会場にあった太鼓を叩いてその場を鎮め、潔くフライング並びに負けを認め、謝罪しました。その男らしい姿に鰯原総長は感じるものがあったようです。
その後、城田姿の鯖島は、香ちゃん保護作戦に合流します。病院から香を連れ出す際に母・奈緒子に気づかれてしまったり、病院が鯖島組事務所の真向かいで、鯖島組に乗り込んできたヒットマンの騒動に香たちが巻き込まれそうになったりと問題が発生しましたが、城田姿の鯖島の援護で事なきを得ました。そして、城田姿の鯖島は自転車で香を無事連れ出しました。初めて外の世界に触れる香は、何もかも新鮮で大はしゃぎ。いろいろな物を見て、様々なにおいを感じて、熱々のコロッケを城田姿の鯖島に買ってもらって食べて、大いに楽しみました。児童相談所に怒りをぶつける奈緒子でしたが、城田姿の鯖島と共に戻ってきた香が、外で体験してきたことを嬉しそうに報告する姿を見て心が動いたようです。奈緒子は香と一緒にタクシーではなく、歩いて家に帰ることにしました。児童相談所の考えを少しは理解できるようになったようです。奈緒子が市長の後援会の有力者という立場を利用して、市長を通してミネコに圧力をかけていたことを知っていた幸子(成海璃子さん)も一安心です。幸子はミネコの提案で受験が終わるまで一緒に暮らすことになりました。
鯖島組を襲ったヒットマンを雇ったのは、鯵沢組の若頭・秋山(松永博史さん)でした。鯵沢卓巳(小木茂光さん)は何も知らなかったようで、鯖島組に謝罪に赴き、秋山は破門するとのこと。そんな秋山が鯖島組事務所の前にいた鯖島姿の城田に向かって何度も発砲してきました。弾は鯖島姿の城田に当たりませんでしたが、たまたま通りかかった幼稚園児の1人が巻き込まれそうになり、それを庇って城田姿の鯖島は背中を撃たれてしまいました。秋山は逃げ去り、鯖島姿の城田に抱きかかえられた城田姿の鯖島は、「おまえに1つ言い忘れたことがある」と言いつつも、いくつも遺言めいたことを話し出しました。ひとしきり話し終え、城田姿の鯖島が気を失うと、例のどんよりした赤黒い雲が押し寄せてきて、一瞬光って消え去ると、2人の魂が入れ替わって元に戻っていました。撃たれて痛がっているのは、正真正銘の城田というわけです。
1カ月後、城田は退院して児童相談所に復帰しました。優等生で軟弱な雰囲気の城田です。一方、鯖島は鰯原の後を継いで京浜連合七代目総長になっていました。鯵沢は鯖島に仕え、鯖島と妻・あゆみ(内田有紀さん)がサルサを踊る後ろで、一世風靡セピアの踊りをしています(鯵沢役の小木さんはかつて一世風靡セピアのリーダーでした)。
幸子はエリ(河北麻友子さん)とヒカリ(上田眞央さん)と仲直りして、今度こそ本当の友達になったようです。
城田と鯖島の交流は円満に続いているようです。再び赤黒い雲が登場しましたが、入れ替わったのは城田と鮫島ではなく、兵頭大介(松重豊さん)と西脇宗佑(三宅弘城さん)でした。2人が向かい合って驚く様子を見て、城田と鮫島は兵頭と西脇が入れ替わってしまったことを察知しますが、放っておくことで意見が一致。城田と鮫島は快気祝いも兼ねて仲良く銀座に飲みに行くことにするのでした…。

城田と鮫島のでこぼこコンビが面白かったです。そして、何と言っても城田姿の鯖島の破天荒ながら解決へと導く正義のスーパーヒーローぶりが爽快でした。兵頭をはじめとする鯖島組の面々、西脇をはじめとする児童相談所の面々もいい味を出していました。