スリル! 赤の章 (小松菜奈さん)

komatsunana03
小松菜奈さんは、NHK総合の毎週水曜夜10時25分枠にて放送されている連続ドラマ『スリル! 赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿』に主人公・中野瞳 役で出演しています。
昨日は第2回「警視庁庶務係ヒトミの大予言」が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
国会議員の第一秘書が殺されるが、その死は占い師・皆川祥子(釈由美子さん)によって3カ月前に予言されていた。しかもその国会議員の話によると、祥子は後援会長・郷田晋二(橋本じゅんさん)が政治資金を流用していたことも言い当てていたとのこと。
警視庁捜査第一課刑事・黒岩壮吉(木下ほうかさん)と外河猛(小出恵介さん)が祥子のもとへ話を聞きに行くと、祥子は「刑事さんの隠し事をこの場で当ててみせましょう」と言い始め、黒岩が警察のお金でしばしばキャバクラに行っていることを言い当てて、そのことを上に告発しようとしている人がいると話す。まもなく外河のもとに庶務係の中野瞳(小松菜奈さん)から電話が入り、飲み屋の領収書について尋ねられる。外河も黒岩と一緒に行ったことになっていたのだ。
外河は黒岩からなんとか瞳を手なずけるよう命令され、瞳を食事に誘う。瞳を高級レストランに連れ出した外河は、領収書の件は極秘の捜査によるもので上に報告するのは少し待ってほしいと説明する。すると瞳は、あの皆川祥子は占い師ではなくただの詐欺師だと話し始めるのだった…。

本作と連動するドラマとして、NHK BSプレミアムの毎週日曜夜10時枠にて『スリル! 黒の章~弁護士・白井真之介の大災難』も放送されています。
本作『赤の章』の主人公は警視庁の会計課に所属する中野瞳です。彼女には、今は行方の知れぬ父親から受け継いだ詐欺師としての知識が豊富にあり、会計課に集まって来る領収書を見比べただけで、刑事の動きが手に取るように分かってしまうなど、類まれな推理力も持っています。
一方、本作にも登場し、『黒の章』の主人公である弁護士・白井真之介(山本耕史さん)は、警察としばしば対立し、金のためなら悪に手を貸すことすら辞さない悪徳弁護士ですが、いつもだまされ窮地に陥ってしまうちょっと憎めない男です。
『赤の章』と『黒の章』は、登場人物や舞台となる世界は共通していて、外河猛という一人の警視庁刑事を軸に、瞳と白井のそれぞれの視点で、いわば2つの物語が同時進行していく形式になっていて新鮮で興味深いです。わくわくドキドキするミステリー、謎解きの面白さに加え、魅力的なキャラクターたちも楽しめます。

スポンサーリンク