ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

voldemort
J・K・ローリングのファンタジー小説を映画化したハリー・ポッターシリーズ。その最終章となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』(Harry Potter and the Deathly Hallows)は、前編と後編の2部作に分けて公開されます。
先日、前編にあたるPART1を劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想
魔法省もホグワーツさえも支配下に置き、闇の帝王として復活を遂げたヴォルデモート(レイフ・ファインズ)は、自分のしもべである死喰い人にハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)の生け捕りを命じる。
死喰い人から追われる身となったハリーは、不死鳥の騎士団に守られながら隠れ家に向かったが、死喰い人の魔の手はそこにも迫ったため、ハリーは、親友のロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)と共に旅に出た。目的はヴォルデモートが魂を保存している“分霊箱”をすべて見つけて破壊することだ。そうしないとヴォルデモートを真の意味で倒すことが出来ないらしい。これまでにトム・リドルの日記(秘密の部屋で登場)とゴーントの指輪(謎のプリンスで登場)は破壊に至っている。しかし、ホグワーツ校長・アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)が残した謎の遺言とヒントの解明にてこずり、どこに行っても攻撃されるという恐怖が付きまとう旅は困難を極め、3人の仲に亀裂が生じてしまうのだった…。

前作で頼りにしていたダンブルドア校長が亡くなり、自分の足で歩かなければならなくなったハリー、ハーマイオニー、ロン。本作は彼らの成長と友情が実感できるものになっていました。
敵の目をくらますために仲間たちがそろってハリーに変身したり、ハリー、ハーマイオニー、ロンが別人に変身して魔法省に潜入したりと面白シーンもありましたが、全体的には最終決戦に向けて悲壮感にあふれていました。デヴィッド・イェーツ監督によると、PART1はダークで不安な感じで、PART2はファンタジー大作になっているそうです。
タイトルになっている“死の秘宝”の伝説は、PART1の最後の方でやっと出てきます。それに加えダンブルドア校長の過去の隠された秘密など、気になる伏線が盛りだくさんでした。
深い因縁で繋がれたヴォルデモートとハリー。2人の最終的な戦いは、2011年7月に公開予定のPART2で大団円を迎えます。とても待ち遠しいです。

スポンサーリンク