アゲイン!! 最終回 (藤井流星さん)

fujiiryusei
ジャニーズWESTの藤井流星さんは、TBS系列の毎週火曜深夜25時13分から放送されていた連続ドラマ『アゲイン!!』に今村金一郎 役で出演しました。
先日は最終回(第10話)が放送されました。
●あらすじと感想
今村金一郎(藤井流星さん)と藤枝暁(岡野真也さん)のアゲイン(=タイムスリップによるやり直し)の話を立ち聞きしてしまった応援団団長・宇佐美良子(早見あかりさん)は、そのことを金一郎たちに追及。そして未来では自分のせいで野球の定期戦の試合が無茶苦茶になって応援団は無くなるということを知ります。
その後、宇佐美は応援団を守るために顧問の北島(近藤芳正さん)に退部届を提出。団員たちが騒然としますが、宇佐美は多くを語らないためその真意は誰にも分かりませんでした。その場に金一郎がいなかったため、藤枝が宇佐美の応援団退部の件を知らせようと今村宅を訪れますが、金一郎はばーちゃん(藤夏子さん)の死にショックを受け、所詮未来を変えるなんで無理なんだと自暴自棄になっていました。藤枝は宇佐美のことは伝えられずに帰宅。見かねた金一郎の母・里子(浅田美代子さん)は、ばーちゃんが安らかに旅立っていったのは金一郎のおかげであることを説明し、応援を頑張るよう励ましました。
そして迎えた野球の定期戦当日。金一郎は応援団員たちの前に姿を現しました。宇佐美が来ていないことに気づいた金一郎は事情を聴き、宇佐美を連れ戻すために探しに行きました。定期戦が始まり、加保須南高校は、応援団リーダー長・菅楽喜(堤下敦さん)を中心に応援を行いますが、スタンドは盛り上がりません。それに対して、かぼす国際スーパーサイエンス高等学校は、応援団団長・岩崎千紘(浜野謙太さん)のキレのある演舞のもと大盛り上がり。それを反映するかのように、試合も加保須南は、かぼ国に押されて負けていました。
宇佐美を見つけ出した金一郎は、仲間、自分のことを信じるよう諭し、「俺はあんたと応援がしてぇんだよ!」と告げて、「応援が好きなんだろ!?」と問いかけました。応援が好きだと認めた宇佐美は、金一郎と共に定期戦の会場に向かいました。一方、定期戦の会場では、調子の悪いエースピッチャーの鈴木和史(宮里駿さん)に向かって、藤枝が「根性見せろ!もし試合に勝ったら、あんたとキスしてあげる!」と大声で叫んで、拍手と歓声が沸き上がります。そこへ宇佐美と金一郎も到着し、応援に拍車がかかりました。加保須南応援団の新演舞はスタンドのみんなにも受け入れられ、一緒に踊って応援が盛り上がりました。すると試合も好転し、加保須南は点差を縮め、ついに同点に追いついて延長戦に突入しました。
そんな中、宇佐美は、掲げている旗が風にあおられて辛そうにしている副団長・岡本雅紀(岡安旅人さん)に気づいて、団旗持ちを代わります。アゲイン前の世界では、孤独に応援する宇佐美が団旗を飛ばしてしまって試合を台無しにする展開だったため、それを見た金一郎は一瞬ひるみますが、未来を信じて見守ることにします。ところが次の瞬間、強風にあおられて宇佐美がバランスを崩しそうになります。金一郎が焦って宇佐美のもとに駆け寄ろうとしますが、階段を踏み外して転ぶところで意識を失いました。
金一郎が目を覚ますと、そこはなんと卒業式当日の自分の部屋でした。頭は長髪で、近所の犬も亡くなっていて、すべてが元に戻っているように見えました。「ただ長くてリアルな夢を見ていただけなのか?」とショックを受けながら登校する金一郎が「アゲインなんて、あるわけねぇよな…」と呟くと、後ろから「今村!」と呼びかける声がしました。その声は紛れもなく宇佐美のものです。恐る恐る振り返って宇佐美の姿を確認したであろう金一郎は、目に涙を浮かべます。そして、再び宇佐美の呼びかける声がして、金一郎が「押忍!」と力強く答えたところで物語は幕を閉じました。

金一郎は見事ネガティヴ思考の自分に打ち勝ち、未来を変えることができました。確かにそれはタイムスリップのおかげですが、金一郎にとってはある意味きっかけに過ぎなかったのかもしれません。今の金一郎なら、今後の未来はアゲインなしで精一杯生きることができるでしょう。
アゲインできない人生だからこそ、私も精一杯生きていこうと思いました。

スポンサーリンク