ハッピーフライト (田辺誠一さん)

tanabe
田辺誠一さんは、現在公開中の映画『ハッピーフライト』に鈴木和博 役で出演しています。
一昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。
●導入部のあらすじと感想
副操縦士・鈴木和博(田辺誠一さん)は1980便の操縦が機長昇格への最後の試験だった。温厚な性格で採点が甘いことで有名な機長・望月貞男(小日向文世さん)が試験教官で安心していたが、望月が風邪をひいてしまい、威圧感たっぷりで厳しそうな機長・原田典嘉(時任三郎さん)に変更になってしまった。
一方、今回のホノルル行き1980便が国際線デビューとなるCA・斉藤悦子(綾瀬はるかさん)。悦子にとって初の長距離フライト、しかもチーフパーサーが山崎麗子(寺島しのぶさん)で、彼女と飛行機に乗る場合は泣かされすぎるために水が必要になると噂されるほどの厳しさで知られる人物。案の定、悦子はその厳しさを目の当たりにする。
グランドスタッフ・木村菜採(田畑智子さん)は、臨機応変に仕事をこなすが、結婚につながる出会いが少なく、体力的にも限界を感じていたため、仕事を辞めたいと思っていた。
離陸時刻が迫り、ライン整備士・小泉賢吾(田中哲司さん)に怒鳴られながら、若手のドック整備士・中村弘樹(森岡龍さん)は必死にメンテナンスをしていた。
ホノルル行き1980便は、離陸前に多種多様なトラブルがありながらも何とか定刻通りに離陸。機内では鈴木が原田の指導に戦々恐々し、悦子は次々と繰り出される乗客の要望に右往左往していた。そんな中、飛行機に非常事態が発生するのだった…。

『ハッピーフライト』は、『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督が航空業界をテーマに、約2年間の徹底リサーチを経て完成させた最新作です。
いわゆる群像劇で、パイロットやCA(キャビン・アテンダント)をはじめ、航空機の飛行に関わる多種多様なスタッフたちの奮闘が描かれていました。
キャラクターがそれぞれしっかり立っていて、所々に織り込まれるコメディ部分も面白かったです。
最初はギクシャクした関係であった人たちが、飛行機を安全に運航させるという共通の目的の達成のために、いろいろなピンチを助け合って乗り切り一致団結していく姿は感動的でした。
ANAが作品企画時から多岐にわたり全面協力しているだけあって、本物の航空機や実際の空港が使われたりしてリアリティもありました。