ディズニーがルーカスフィルムを買収

george-lucas
ウォルト・ディズニー社がルーカスフィルムを現金と株式40億5000万ドル(約3200億円)相当で買収することが発表されました。
ルーカスフィルムは、アメリカの映画監督、映画プロデューサー、脚本家であるジョージ・ルーカスが1971年に設立した映像製作会社です。
共同声明文には「『スター・ウォーズ/エピソード7』の2015年の公開を目指している」と記されていて、“スター・ウォーズ”の権利を取得したディズニーと、ルーカスフィルムの新社長となるキャスリーン・ケネディがエピソード7以降の劇場映画を制作する計画のようです。
これまでの『スター・ウォーズ』シリーズ作の多くで監督・脚本を務めたルーカスは、新作ではストーリー原案のほか、クリエイティブ・コンサルタントとして製作に関わりますが、基本的には後継者たるキャスリーン・ケネディに委ねるとのことです。

ジョージ・ルーカスが携わった作品としては、『THX 1138』、『アメリカン・グラフィティ』、『スター・ウォーズ』、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『Mishima: A Life In Four Chapters』、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』、『ラビリンス/魔王の迷宮』、『ウィロー』、『タッカー』、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、『笑撃生放送!ラジオ殺人事件』、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、『レッド・テイルズ』などがあります。

スポンサーリンク