勇者ヨシヒコと魔王の城 (ムロツヨシさん)

murotsuyoshi
ムロツヨシさんは、テレビ東京系列にて毎週金曜深夜の「ドラマ24」枠において放送されている連続ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』にメレブ役で出演しています。
昨夜は第4話が放送されました(地域によって放送日が異なります)。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
魔王を倒すために道草をしながら旅を続けるヨシヒコ(山田孝之さん)、ダンジョー(宅麻伸さん)、ムラサキ(木南晴夏さん)、メレブ(ムロツヨシさん)。
そんな中、第4話にしてようやく魔王を倒すための武器や道具を1つずつ集める必要があることをざっくり仏(佐藤二朗さん)から伝えられる。ヨシヒコたちは、まずは魔王のすべての攻撃をかわすことができるという“天女の羽衣”を手に入れるようお告げを受けるのだった…。

今回もボケと小ネタが満載で面白かったです。仏の頭がずれていたり、宙に浮く宝箱にワイヤーやモザイクがあったり、ダンジョー役の宅麻さんに「こう見えても若い頃のニックネームは“課長島耕作”」と言わせたり…挙げればきりがないです。個人的に一番笑ったのはヨシヒコの下半身の懐刀です。ヨシヒコはすっかりスケベキャラで定着してしまいました。本人にその自覚がないところがまた面白いです。
メレブが今回手に入れた呪文は“ホイミネー”です。失われた体力を7割回復させる呪文ですが、この呪文が効くためには、同時に牛の睾丸と鹿の角、ハブの肝、ロイヤルゼリーを全部飲み干さなければならず、まったく“意味ねー(無い)”呪文です。
なにはともあれ、今回は、メレブの“ハナブー”という、対象者を豚鼻にする呪文で天女(小池栄子さん)を脅して羽衣を無事入手。ヨシヒコの妹・ヒサ(岡本あずささん)は暴走族の“レディース”のような格好をして木陰から見守っていました。
次は西に向かうよう仏からざっくり告げられるヨシヒコたち。まだまだ旅は長いようです。続きも楽しみです。