実験刑事トトリ (三上博史さん)

mikami02
三上博史さんは、NHK総合の土曜夜9時「土曜ドラマスペシャル」枠にて放送されている連続ドラマ『実験刑事トトリ』に都鳥博士 役で出演しています。
先週は第1回が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
警視庁捜査一課の若手刑事・安永哲平(高橋光臣さん)は、上司の三船隆昭(笹野高史さん)から都鳥博士(三上博史さん)の教育係を言い渡される。都鳥は、以前は数々の賞を受賞するほどの新進気鋭の動物学者として名を馳せていたが、これからも高い評価を貰い続けるだろうという未来図に物足りなさを感じ、自身の能力を活かすために警察官の中途採用試験を受けて合格し、43歳にして捜査一課に刑事として配属された男だ。
根が真っ直ぐでひたむきな性格の安永は、年上でしかも風変わりな性格の都鳥に対して扱いづらさを感じながら、都鳥のペースに振り回されていくのだった…。

ドラマ『妖怪人間ベム』やアニメ『TIGER&BUNNY』などの脚本を手掛けてきた西田征史さんのオリジナル脚本です。
43歳の新人刑事・都鳥が、28歳の先輩刑事・安永を相棒に、豊富な知識と論理的思考力を駆使して事件を解決していくお話のようです。
都鳥は論理的思考を駆使して仮説を組み立て、様々な実験を繰り出しながら捜査に当たります。冒頭で犯人と犯行過程を見せるという“倒叙”形式でドラマは展開します。都鳥が完全犯罪を崩し、犯人へと迫っていく展開が絶妙です。都鳥と安永、犯人とのやり取りも面白いですし、その中で垣間見せるヒューマンな味付けもいいです。
第1話は人気料理研究家・結城ゆかり(中越典子さん)が起こした殺人事件でした。都鳥の「物事はどの角度から見るのか、それが大切」「物事は見る角度によって中身まで変わってしまう」といったセリフが印象的でした。
都鳥の今後の活躍も楽しみです。