聖なる怪物たち (鈴木杏さん)

suzukianne
鈴木杏さんは、テレビ朝日系列の木曜夜9時枠にて放送されている木曜ドラマ『聖なる怪物たち』に有馬三恵 役で出演しています。
昨日は第4話が放送されました。
●あらすじと感想
姉・春日井優佳(中谷美紀さん)の冷静なサポートのもと、日向圭子(加藤あいさん)は、夫・敏雄(長谷川博己さん)との子を有馬三恵(鈴木杏さん)を代理母にして妊娠させることに成功したかに思われました。
しかし、かねてから三恵を不審に思っていた優佳は、ある事実を突き止めました。それは、三恵のお腹にいる子どもは敏雄と圭子の子ではなく、敏雄と三恵の子だったことです。敏雄と一度関係を持った三恵は妊娠し、頑なに中絶を拒否。そこで困っていた敏雄は、優佳と圭子が持ちかけてきた代理出産話に乗って、友人の医師・村澤信吾(和田聰宏さん)を抱き込んで、圭子との子どもに見せかけて産ませようとしたのです。初めから代理出産はおろか、代理母すら存在しなかったというわけです。
優佳は圭子に真実を知らせるよりもその嘘をつき続けることを選択し、敏雄に「一生、その高貴な嘘をつき通してください。それがあなたに課せられた罰です」と言って釘を刺しました。
そんな矢先、三恵は「この子は私の子。誰にも渡さない」と圭子に言って、日向家を去ろうとして、階段を踏み外し転落。圭子は自分の赤ちゃんが危ないと焦るのでした…。

前回からの流れで分かってはいたことですが、“聖職者”を語っていた敏雄が本当に聞いて呆れます。
愛する人とめぐり合って結婚して子どもができることを“奇跡”と圭子が表現していたことが印象的でした。そんな圭子の言葉から“命の向き合い方”を教わったと優佳に話す外科医・司馬健吾(岡田将生さん)。次回はそんな彼にいよいよ第1話にあった悲劇が襲うようです。
病院の経営難に喘いでいる院長・大久保志郎(小日向文世さん)、謎の男にお金をせびられていて、患者をだましてまで工面している看護師・平井瑶子(大政絢さん)も騒動に巻き込まれることになるのでしょう。病院内の様々な情報に通じている古株の入院患者・糸川要次郎(渡辺いっけいさん)がどのようにかかわっていくのかも気になるところです。