リッチマン、プアウーマン (石原さとみさん)

satomi07
石原さとみさんは、フジテレビ系列の月曜夜9時枠にて放送されている連続ドラマ『リッチマン、プアウーマン』に夏井真琴 役で出演しています。
昨日は第10話が放送されました。
●あらすじと感想
資産を失い自宅を手放した日向徹(小栗旬さん)は、夏井真琴(石原さとみさん)と新会社を始める。一度は日向の誘いを断った安岡倫哉(浅利陽介さん)・小川智史(中村靖日さん)・細木理一(植木紀世彦さん)も日向の仕事の素晴らしさを再認識し、「NEXT INNOVATION」を辞めて日向が起こした新会社「WONDER WALL(ワンダー・ウォール)」の一員となる。
そんな矢先、朝比奈恒介(井浦新さん)が情報漏洩とインサイダー取引などの罪で逮捕された。遠野秋洋(綾野剛さん)が日向たちを見返してやりたいという気持ちからリークしたのだ。日向は朝比奈との面会を望むが拒まれ、それどころか朝比奈は肉親である妹の燿子(相武紗季さん)と会うことすら拒んでいた。
日向は真琴の協力のおかげで営業に臨む適切な態度を身につけ、業績を伸ばして徐々に世間に認められていく。真琴は日向がすでに自分の助けを必要としないまでに成長したと悟り、魅力的すぎる日向のそばにいることを辛いと感じ始めていた。そこで真琴は日向に「しばらくお休みさせて下さい」とメールで伝え、製薬会社の研究所でアルバイトを始めるのだった…。

日向は真琴の行方を捜す過程で自分の母・澤木千尋(萬田久子さん)と会いました。母の定食屋に入った日向は、自分が息子だと名乗ることはしませんでしたが、母の作るオムライスを食べ、捨てられた恨みも怒りも抱くことなく、元気そうでよかったと普通に思ったそうです。そして今、自分が一番会いたい人は真琴なのだと実感した日向は、真琴が研究所にいることを突き止めて会いに行きます。自分が今会いたい人が誰なのかを伝えようとする日向ですが、なかなか告げられず、真琴はその相手は朝比奈であると勘違いします。一方、日向から刺激を受けたと話す真琴は、自分も仕事がちゃんとできるようになりたいとして、研究所に行くことを日向に告げました。日向は研究所行きを決めた真琴を応援し、真琴も朝比奈に前みたいにきっと会えると日向を応援しました。こうして2人はそれぞれ別の道を歩き出しました。
日向は朝比奈が帰ってこれる場所を残しといてやりたいという思いから、経営危機に陥っている「NEXT INNOVATION」に戻って立て直すことにしました。次回はいよいよ最終回です。日向と朝比奈の関係、日向と真琴の関係がどうなるのか気になります。