地獄先生ぬ~べ~ (桐谷美玲さん)

mirei04
桐谷美玲さんは、日本テレビ系列の毎週土曜夜9時「土曜ドラマ」枠にて放送されている連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』に高橋律子 役で出演ています。
昨日は第6話が放送されました。
●あらすじと感想
ぬ~べ~こと鵺野鳴介(丸山隆平さん)は、鬼の手で妖怪を強制成仏する姿を高橋律子(桐谷美玲さん)に見られてしまいました。その結果、これまで妖怪の存在を否定していた律子は激変。妖怪のことをもっと教えてほしいとぬ~べ~に頼みます。左手のことも教えてほしいと言われたぬ~べ~は、律子に鬼の手の経緯を話しました。過去にぬ~べ~は、残虐で凶暴な鬼・覇鬼(坂上忍さん)と対決するものの、太刀打ちできずに危機に陥ってしまいました。そこで霊能力者であり恩師でもある美奈子先生(優香さん)が一緒に必死に戦ってくれて、最後にはぬ~べ~を守るためにその命を投げ打って、ぬ~べ~の左手に覇鬼と自らの体を封印しました。美奈子先生を守れなかったぬ~べ~は、それ以来、美奈子先生の力で得たその鬼の手で妖怪から生徒たちを守ると誓ったのです。
ぬ~べ~と律子の距離が縮まる中、律子は妖怪“お歯黒べったり”に憑りつかれてしまうのでした…。

今回の妖怪は、醜いためにお嫁に行けなかった女性たちの怨念が妖怪化した“お歯黒べったり”でした。お歯黒べったりは、恋をする美しい女性を妬んで憑りついて、その女性に成り代わって結婚を迫るという妖怪です。そこでぬ~べ~は、浄霊するために律子(=お歯黒べったり)と嘘で結婚することで成仏させる作戦を決行。ところが、ぬ~べ~のことが好きなゆきめ(知英さん)が、事情を知ってはいたものの耐えることができずに邪魔をして、お歯黒べったりに作戦がばれてしまいました。嘘をつかれて怒り狂うお歯黒べったりに、ぬ~べ~は鬼の手を使わずに抱きしめて「おまえは俺がめとってやる!一生愛し続けてやろう!俺の命が欲しければくれてやる。あの世で結婚しよう。だから律子先生から離れてくれ。俺の大切な人を巻き込まないでくれ!俺はもう誰も失いたくはない。だからこの人は…。俺みたいなつまらない男でいいなら俺の愛を受け止めてくれ!」と言って体当たりで告白。それを受けて、お歯黒べったりは成仏することができました。
律子はぬ~べ~に惹かれ始めているようです。ゆきめはそんな律子の気持ちに気づいて、あえて律子に挨拶をして自分はぬ~べ~のフィアンセであると名乗りました。この微妙な三角関係は、なんらかの騒動を引き起こすのでしょうか。今後の展開も楽しみです。