無痛 (西島秀俊さん)

hidetoshi06
西島秀俊さんは、フジテレビ系列の毎週水曜夜10時枠にて放送されている連続ドラマ『無痛~診える眼~』に為頼英介 役で出演しています。
昨日は第2話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
外見を見るだけで症状を見抜く“神の診察眼”を持つ医師・為頼英介(西島秀俊さん)。彼は犯罪者にみられるエネルギー過多の一種である“犯因症”の兆候も見分けられます。すなわち犯罪者を識別できるのです。そんな為頼の能力を知ることとなった港中央署刑事課・刑事の早瀬順一郎(伊藤淳史さん)は、何かと捜査協力を依頼。為頼はしぶしぶ協力するはめになります。
白神メディカルセンター院長の白神陽児(伊藤英明さん)も為頼の能力に気づきました。実は白神も為頼と同じく、見た目だけで病気や予後を見通す診察眼を持っていて、それを活用することにより評価を大幅に上げて病院を大きくしてきました。そんな白神は、為頼を自分の病院にスカウト。港区に建設中の新しい病院の院長をお願いしたいと言いました。能力を少しでも患者に還元するのが自分たちの使命ではないかと訴え、患者のあらゆる苦痛を取り除く“無痛治療”を2人で組んで目指そうと誘ってきたのです。為頼はどうするべきか迷います。
気がかりなのは、刑事・早瀬の人一倍強い正義感です。過去のある体験から犯罪者を憎む気持ちが強い早瀬は、犯罪者を目の前にすると理性を失いかけて彼自身にも犯因症が出てきます。このままでは犯罪者を殺しかねません。
白神メディカルセンターの臨床心理士・高島菜見子(石橋杏奈さん)のカウンセリングを受けている患者・南サトミ(浜辺美波さん)は、中区の一家惨殺事件を起こしたのは自分であると菜見子に告白。白神メディカルセンターの清掃係・イバラ(中村蒼さん)は、どうやら痛みを感じない病を患っているようです。この2人が物語にどう関わっていくのかも気になるところです。
原作は現役医師でもある久坂部羊さんによる医療サスペンス小説『無痛』です。