家政夫のミタゾノ (松岡昌宏さん)

matsuoka05
TOKIOの松岡昌宏さんは、テレビ朝日系列の毎週金曜深夜の「金曜ナイトドラマ」枠にて放送されている連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』に主人公・三田園薫 役で出演しています。
先日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
ある日、任期満了間近の現職都知事・小津鮫洋一郎(板尾創路さん)の自宅に新しい家政婦が2人やって来る。『むすび家政婦紹介所』の花田えみり(清水富美加さん)と三田園薫(松岡昌宏さん)だ。
小津鮫家には、選挙のことしか頭にない小津鮫、そんな夫にストレスを感じている妻・清美(赤間麻里子さん)、学歴で他人を見下す長男・直太朗(柾木玲弥さん)、家政婦に嫌がらせをする長女・美帆(畑芽育さん)がいる。彼らは一様にプライドが高く、えみりたち家政婦をバカにするような態度を取る。しかし三田園は着々と家事をこなし、密かに小津鮫家の内情を探るのだった…。

三田園はなぜか女装していて、料理・洗濯・掃除などの家事スキルが“特A級”の謎多きスーパー“家政夫”です。しかも派遣先の家庭の事情を覗き見するのが趣味らしく、その内情をつかむスキルも相当なものです。家庭内で不気味に暗躍し、ついには“崩壊”に導きます。でもそれはあくまでも家庭の中に巣食う根深い汚れを落とすのが目的のようです。第1話では、スクラップ&ビルドと言いましょうか、家庭の崩壊の先に“再生”の道があって痛快でした。家事に関する裏技のようなものが紹介されるのも面白い試みだと思いました。今後の展開も楽しみです。