マルモのおきて (阿部サダヲさん)

sadao05
阿部サダヲさんは、フジテレビ系列にて毎週日曜夜9時から放送されているドラマチック・サンデー枠の連続ドラマ『マルモのおきて』に高木護 役で出演しています。
昨日は第8話が放送されました。
●あらすじと感想
今回はマルモこと高木護(阿部サダヲさん)の失恋と護たち家族の絆が描かれました。
護はずっと好きだった会社のマドンナ的存在である牧村かな(滝沢沙織さん)と付き合うことになりましたが、そんな矢先、牧村も含め職場のみんなに今は亡き親友の子ども、笹倉薫(芦田愛菜さん)と友樹(鈴木福さん)を引き取って育てていることがばれてしまいました。親の仕事を調べる宿題を出され、薫と友樹が“お仕事調査隊”になりきって、護の後をこっそりつけて会社に来てしまったからです。
事情を聞いた牧村は、とりあえずお付き合いを続けましょうと言ってくれました。しかし、護と薫と友樹と一緒にピクニックに行った牧村は、護たちが本物の家族のようになっているのを目の当たりにして、そこには自分は入っていけないと悟りました。「家族って一からゆっくりつくっていくものだって思うんです」という言葉を残して、牧村は護のもとを去っていきました。護は振られてしまったのです。もう少しで双子たちを親戚に返すと言いそうになった護でしたが、結局言いませんでした。今や護にとって薫と友樹は離れることなど考えられない存在なのです。
その後、薫と友樹が、花丸をもらったというお仕事調査隊の報告書を護の前で読み上げました。その文には護への愛にあふれていて、護は胸がいっぱいになり泣き出しました。
今回“おきてノート”に書き加えられたのは「そうじはちゃんとすること!足ウラせいけつ!バイバイスリッパ!」でした。護は、うちにはスリッパなんて上等なものは必要ないとして、牧村用に用意したスリッパを捨てました。それから足の裏が真っ黒になる床を3人で仲良く雑巾がけするのでした…。
「褒めたり、怒ったり、全然遠慮がなくて、本物の家族みたい」という牧村の言葉が印象的でした。確かに薫たちと一緒にいる時の護は、本当の父親のようになってきました。そんな護を理解してくれる、大家・畑中陽介(世良公則さん)や大家の娘・彩(比嘉愛未さん)の存在は有難いですね。