ラスト・ドクター (寺脇康文さん)

terawaki02
寺脇康文さんは、テレビ東京系列の「金曜8時のドラマ」枠にて放送されている連続ドラマ『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』に秋田晋也 役で出演しています。
一昨日は第1話が2時間スペシャルで放送されました。
●導入部のあらすじと感想
吉崎薫子(相武紗季さん)は関東監察医務院に見習いとして赴任する。院長の柳田修平(伊東四朗さん)は、監察医・秋田晋也(寺脇康文さん)を指導係に指名。薫子は補佐の山下美恵子(戸田恵子さん)から説明を受け、秋田が他人とのコミュニケーションに少々難ありの変わり者であることが分かる。
そんな中、秋田と薫子は、人気モデル・須山利香(夏菜さん)の転落遺体を担当することになる。解剖した秋田は、死因は多臓器損傷で自殺か他殺かは不明と報告。転落現場である5階建てビルの屋上には利香のバッグが残されていて争った形跡もないことから、山倉正義(渡辺いっけいさん)たち警察は自殺と判断する。
しかし、秋田は遺体に残る微かな点が気になり、遺体の状況を総合的に検証してみようと思って転落現場であるビルを訪れる。薫子もまた、秋田が手帳を落としていたこともあって、それを渡すがてら謎多き秋田を尾行する。そんな時、秋田はビルの住人から不審がられて警察に通報されてしまうのだった…。

人間が生まれて最初にお世話になる医者が産婦人科医ならば、最後の医者、ラスト・ドクターが監察医。監察医は死因が分からないご遺体の検案や解剖を行い、真実を追究するのが仕事だそうです。監察医が担当するのは事件性のないご遺体で、その数は東京23区だけで年間1万4千体。死人に口なし…なんてことは全然ないとのことです。
「生きている人間を相手するよりも死体の方が楽」と言う監察医・秋田はいわゆる変わり者ですが、どんな些細なことも見逃さない緻密さとユニークな着眼点によって遺体から真実を導き出します。一見冷静沈着な秋田が真相究明に走る姿は情熱的とも言えて興味深いです。そしてそんな秋田と、見るからに情熱的な薫子の掛け合いも面白いです。
事実を突き止めることが好きですが、自分の頭の中だけに留めていた秋田。しかし今回どうやら薫子は、そんな秋田の閉じていた蓋を開けてしまったようです。今後も秋田と薫子のコンビが、亡くなった人の死因を読み解いて、どのような真実を導き出していくのかが気になります。