医龍 Team Medical Dragon3 (阿部サダヲさん)

sadao04
阿部サダヲさんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『医龍 Team Medical Dragon3』に荒瀬門次 役で出演しています。
一昨日放送された第1話は、よる9時からのスタートで2時間8分の拡大版でした。
●あらすじと感想
明真大学付属病院は、野口賢雄(岸部一徳さん)のスキャンダルのせいで信用を失って患者は激減し、それは外科医レベルの低下を招いて訴訟数はうなぎのぼりになり、かつての威光はかけらも無い状態になっていた。
そこで新学長となった鬼頭笙子(夏木マリさん)は、改革案を打ち出す。優秀な外科医の獲得による研修生からの人材の底上げ、将来の臓器移植を念頭に置いたER部門の強化、肝細胞の研究によるノーベル医学賞をも視野に入れた意欲的な姿勢。それらを満たすために、鬼頭は、海外で実績を積んでいる加藤晶(稲森いずみさん)、戦地という過酷な状況で治療にあたっている“医龍”こと朝田龍太郎(坂口憲二さん)、以前再生医療研究をしていた藤吉圭介(佐々木蔵之介さん)を呼び寄せる。明真には伊集院登(小池徹平さん)と荒瀬門次(阿部サダヲさん)が残っていて、チームドラゴンの復活かと思われたが、荒瀬はオペから遠ざかっているのだった…。

ついにチームドラゴンが復活しましたが、憎たらしいことに野口も復権しました。もはや経営者となった鬼頭が、野口の改革案に賛同したようです。
荒瀬がオペに入らなくなっていたのは、1年前、手術の掛け持ちで自分が不在の時に、執刀医のミスで信頼関係を築いた少年を死なせてしまったことに責任を感じていたからでした。荒瀬はしかも左冠動脈主幹部狭窄といういわば心臓に爆弾を抱えている状態にあったにもかかわらず、自暴自棄になって放置していました。朝田の手術に立会い、チームドラゴンが復活し、生きがいを見いだした荒瀬は、病を治そうと病院を訪れ手術を決めましたが、その帰りに道端で倒れてしまいました。運悪く、朝田は他の患者のオペ中で、加藤も伊集院も外に出払っていました。それなのに野口はあえて救急患者である荒瀬を受け入れてしまいます。実は野口はアメリカからカテーテル治療のスペシャリストを呼び寄せていたのです。その世界一のカテーテル医とも呼ばれる黒木慶次郎(遠藤憲一さん)は、朝田たちが3時間以上かけた同じ手術をたった45分で終わらせてしまいました。荒瀬が助かったのは良かったのですが、野口や黒木が今後どのように朝田たちの前に立ちはだかるのか気になります。