HERO2 (木村拓哉さん)

kimutaku13
SMAPの木村拓哉さんは、フジテレビ系列の毎週月曜夜9時枠にて放送されている連続ドラマ『HERO(第2シリーズ)』に久利生公平 役で出演しています。
先日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
東京地検城西支部では、江上達夫(勝村政信さん)が東京地方検察庁特別捜査部に異動となり、新しく検事が赴任してくることになる。事務官の麻木千佳(北川景子さん)は、支部長の川尻健三郎(松重豊さん)から、新しい検事の担当になるよう命じられる。
城西支部では、一体どんな検事が来るのかという話題で持ち切りになるが、赴任当日、事務官の末次隆之(小日向文世さん)と遠藤賢司(八嶋智人さん)、警備員から事務官に転身した井戸秀二(正名僕蔵さん)たちは驚く。赴任してきた検事が、かつて城西支部にいた久利生公平(木村拓哉さん)だったからだ。久利生と初対面である千佳、検事の田村雅史(杉本哲太さん)、馬場礼子(吉田羊さん)、宇野大介(濱田岳さん)たちは、久利生のジーパン姿に驚く。
早速、久利生は居酒屋で起きた傷害事件を受け持つ。被疑者は、居酒屋で店員を突き飛ばしてケガを負わせて逃げ出したところを、たまたま居合わせた久利生が追いかけて取り押さえた男、大西祐二(森山直太朗さん)だった。取り調べの最中に、大西の指紋が15年前に起きた時価13億円相当の宝石強盗の事件の現場に残されたものと一致することが判明。しかも時効成立は3日後に迫っていた。
世間の注目も集め、大西の起訴が急がれる中、大西が15年前の強盗致傷事件の関与を否定したことから、久利生は事件現場を見ると言いだして出かけ、千佳も慌てて後を追いかける。亡くなった鍋島利光(児玉清さん)の後任として次席検事に昇格した牛丸豊(角野卓造さん)は、担当検事が久利生であると知って、やきもきするのだった…。

2001年に連続ドラマ、2006年のスペシャル版の放送を経て、2007年には劇場版を公開した『HERO』。本作はその続編にあたります。
久利生の「真犯人を逃がしたとしても、無実の人だけは絶対裁判にかけちゃいけないんです。まあ、それが俺たちの一番大事なルールなんですけどね」という言葉が印象的でした。現場に駆けつけて自分の目で見て考え、組織の慣習やしがらみにとらわれることなく真実だけを見つめようとする久利生が健在でよかったです。
以前から登場していた牛丸、末次、遠藤、井戸、「St.George’s Tavern」マスター(田中要次さん)たちはもちろんのこと、新メンバーにあたる千佳、川尻、田村、馬場、宇野たちもいい味を出していました。今後、久利生とどうかかわっていくのか楽しみです。
ちなみに前作のヒロインだった雨宮舞子(松たか子さん)は検事になったそうですが、久利生とは離ればなれになってしまったようです。雨宮は登場しませんでしたが、久利生が千佳に「全部が全部うまくいくわけないでしょ」と説明していました。
懐かしくもあり新しくもある『HERO』が観れることを期待します。