外事警察 (渡部篤郎さん)

atsuro
映画『外事警察 その男に騙されるな』は、 対国際テロの諜報部隊で“日本版CIA”とも呼ばれる警視庁公安部外事課(=外事警察)の活躍を描いたNHKのテレビドラマの続編です。
渡部篤郎さんは、住本健司 役で出演しています。スタッフにはテレビドラマ版の演出も手掛けた堀切園健太郎監督をはじめ、『ハゲタカ』の制作チームが集結しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想
2011年、日本では東日本大震災の混乱が続いていた。そんな中、高濃縮ウランが朝鮮半島から流出したとの情報を日本の内閣情報調査室が入手する。しかも時を同じくして東北地方の大学施設から、軍事関連の機密データが盗まれる事件が発生する。核テロを危惧した上層部は、“公安の魔物”と呼ばれる住本健司(渡部篤郎さん)を任務に復帰させ、住本のかつての部下たちである精鋭チームを再集結させて特命を下す。一方、韓国の諜報機関であるNIS(国家情報院)も、日本に送り込んだ潜入捜査官に極秘指令を出し、いわゆる情報戦が始まっていた。
住本は、単身ソウルに渡って在日二世の原子力科学者・徐昌義(田中泯さん)の行方を追っていた。徐はあの国の核兵器開発の中心人物だ。徐とついに対面を果たした住本は、すでに死亡されたとされる娘の生存情報をちらつかせ、徐を日本に連れ帰ることに成功する。
住本のチームは入管リストから不審人物を洗い出し、奥田貿易という小さな貿易会社に疑いの目を向ける。韓国人として入国した金正秀こと社長の奥田正秀(イム・ヒョンジュン)は、2年前に日本人女性の果織(真木よう子さん)と結婚。家族旅行を装い日韓を往来して密輸を行う彼を、事件のキーマンたる工作員と特定する。
正秀の更なる情報を手に入れるため、住本は妻の果織を協力者(=スパイ)として取り込むことを決める。そして、チーム唯一の女性である松沢陽菜(尾野真千子さん)が果織に身分を偽りアプローチし、住本は果織に夫・正秀の正体を伝え、徹底した調査から果織の弱みを握り、精神的に追い込む。ついには果織はスパイになることを決断する。
夫を裏切る罪悪感を抱きつつ、香織は深夜のオフィスに忍び込み、核の点火装置の盗撮に成功する。それは東北の研究施設から盗まれた機密ファイルの図面と同じものだった。内閣官房長官・村松久美(余貴美子さん)の指示もあり、上層部は点火装置を押さえることを決定するが、住本はとんでもない作戦に打って出る。それはブツ(=点火装置)を泳がせて、ウランのありかにたどり着こうとするものだ。住本は、点火装置に発信機を付けるよう果織に強要するのだった…。

テレビドラマのラストでは、表向きは爆破事件の責任を取って警察を離れて、実は更なる裏の裏の新たな特命の仕事に就いた住本。本作はそれから2年後が舞台のようです。テレビドラマの時もそうでしたが、やはり、住本の、任務遂行のためなら手段を選ばないところが印象的でした。住本は果織を協力者にするため、彼女にとって最も触れられたくない心の古傷に容赦なく踏み込み、ついには感情までもコントロールしていきます。住本が陽菜に言った「人を突き動かす最も強い感情は何だ? “怒り”だよ。相手の怒りを利用しコントロールする。運営の鉄則だ」というセリフは説得力があり、なんだか怖さすら感じました。
そして、本作の見どころは、なんといっても外事警察、NIS、テロリスト、民間人スパイの交錯するそれぞれの思惑、騙し合いでしょう。正秀の部下・安民鉄(キム・ガンウ)もいい味を出していて、物語の中で腹の探り合いが絶えない日韓両国の関係に、さらなるスパイスを加えてくれています。
葛藤の中スパイ活動を行う果織、物語の鍵を握る科学者・徐の存在感も凄かったです。特に徐が住本に「あんたが必死で守る国益の中身とは一体何なんだ!」と言って詰め寄るシーンが印象的でした。
陽菜はテレビドラマの時は新人捜査官で外事警察の世界に戸惑いを見せていましたが、本作では成長し、協力者ターゲットの果織に対して強く出る場面もありました。終盤にテレビドラマのラストと同じように、陽菜は警察庁警備局長の倉田俊貴(遠藤憲一さん)に、住本に関して上から目線で堂々と進言しますが、その後、住本のある行為が発覚し、愕然とさせられます。結局、陽菜は住本の手の内にあったのです。住本が安民鉄に言った「わかり合えると信じる、それだけが世界を変えられる」というセリフは本心であったと信じたいところです。
テレビドラマを観ていなくても、独立した話となっているので楽しめると思います。テレビドラマでは、非業の死を遂げた住本の父親をめぐるエピソードがあり、なぜ住本が法や人間へ不信を抱き、“魔物”になっていったかというバックボーンが描かれているので、そちらもおすすめです。