藤子不二雄A先生トークショー

fujiko-a
昨日、アニメイト池袋本店のアニメイトホールで開催された藤子不二雄A先生のトークショーに行きました。
このイベントは、小学館が発行している男性向け漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル増刊」で連載されていた『愛…しりそめし頃に…』完結巻発売を記念して行われたものです。
『愛…しりそめし頃に…』は、藤子不二雄A先生と藤子・F・不二雄先生のコンビ“藤子不二雄”の自伝的漫画『まんが道』の続編です。同作は今年4月に、『まんが道「あすなろ編」』から数えて43年の歴史に幕を下ろしました。
トークショーのお話は、イベント前日に藤子不二雄A先生が井上陽水さんのライブにご夫妻でいらっしゃったエピソードから始まり、トキワ荘関連、大腸がんでの入院生活、手塚治虫先生についてなどで、たくさんの貴重なお話を聞くことができました。ほとんど知っている内容でしたが、ご本人の口から直接聞くことができて感慨深かったです。そして何より、藤子不二雄A先生のお元気な姿を生で拝見することができて嬉しかったです。
御年79歳の藤子不二雄A先生。次回作について訊かれ、まだ新しい作品という気持ちになってないとしながらも、日本のシニアの人に元気になってもらえるようなマンガが描けたらと思っていると明かし、「タイトルだけは決まってるんですけど、まったく白紙です」とおっしゃっていました。藤子不二雄A先生の次回作が楽しみであるのと同時に、私も日々精進しなければと改めて思いました。