ダブルス 二人の刑事 最終回 (坂口憲二さん)

sakaguchi04
坂口憲二さんは、テレビ朝日系列にて毎週木曜夜9時から放送されていた連続ドラマ『ダブルス~二人の刑事』に田代啓一 役で出演しました。
先日は最終回(第9話)が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
捜査中、警視庁新宿中央警察署刑事課特殊係の日下涼子(内田有紀さん)が何者かに狙撃され一時意識不明に陥る。
山下俊介(伊藤英明さん)と田代啓一(坂口憲二さん)が、事件の手掛かりとなる大手ゼネコン社長・大崎浩三(団時朗さん)の息子・勝也(金子賢さん)の元へ向かうと、銃を手に死んでいた。勝也の自殺に疑問を感じた山下と田代だったが、捜査中止の圧力がかかる。しかし、署長・前川誠一(橋爪功さん)は捜査の続行を許可。通称・0係の特殊係と捜査第一係のメンバーたちは、事件の裏に隠された真実を突き止めるのだった…。

山下と田代が実行犯を見事に確保し、無事意識が回復した涼子は、黒幕の一人ともいえる人物に繋がる証拠を思い出しました。最初は敵対していた捜査第一係でしたが、最終的には0係に協力するようになって、良い連携プレーを見せてくれました。
「大きなことの前では、多少の犠牲は必要だ」と開き直る犯人に対し、山下と田代は声を揃えて「ふざけるな!!」と一喝し、毎日必死に生きている人たちの人生を踏みにじったことを指摘しました。
多摩東署にいわば左遷となってしまった前川署長は、「犯罪と闘うにはこっちが無傷でいるわけにはいかない。誰かが傷を負わなきゃいけないってこともあるんだ。新宿中央警察署に“0係”という手土産ができて良かった。それにあいつらは俺たちが忘れていたものを思い出させてくれたと思わないか?」と言います。すると、以前は0係を快く思っていなかった刑事課課長・須藤洋介(杉本哲太さん)と捜査第一係係長・坂田三枝子(室井滋さん)が「はい!」と答えました。
結局、山下は、中学生の時に自分と田代の間に何があったのかを思い出せずじまいでした。山下にしつこく訊かれた田代が重い口を開こうとしましたが、事件の捜査に阻まれて「中学2年の春、おまえは俺の…」までしか明かされませんでした。大した内容ではないでしょうけど、続きは次のシーズンで…といったところでしょうか。