DOCTORS2 最終回 (高嶋政伸さん)

masanobu03
高嶋政伸さんは、テレビ朝日系列にて毎週木曜夜9時から放送されていた連続ドラマ『DOCTORS2~最強の名医~』に森山卓 役で出演しました。
先日は最終回(第9話)が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
診察に来ていた患者・大村奈加子(あめくみちこさん)が突然倒れ、肝臓ガンに加え、血管内平滑筋腫瘍という難病を併発していることが判明する。堂上総合病院には彼女の病気に対応出来る心臓血管外科が無いため、内科医・皆川和枝(伊藤蘭さん)は転院を勧める。ところが、奈加子は今までの通院歴などから、信頼できる堂上総合病院で治療を受けたいと言う。外科医・相良浩介(沢村一樹さん)はをれを了承し、西都大学病院を訪れ、堂上総合病院消化器外科と西都大学病院心臓外科の合同オペを医学部長の松田義雄(小日向文世さん)に持ちかける。
前例のない民間病院との合同オペ、しかも西都大学病院にも消化器外科があるため、院内から猛反対を受ける松田。松田は「西都大学病院は日本の医療全体の進歩を担っています。だからこそ、素晴らしいドクターがいるなら、それが民間病院のドクターであっても、我々は彼(=相良浩介)から学ばなくてはならない」と言って説得する。一方、堂上総合病院でも当然のように森山卓(高嶋政伸さん)が反発する。相良は患者の信頼の話をして院長・堂上たまき(野際陽子さん)を説得。和枝も患者のために相良に協力することに決めた。大部屋病室の患者4人と親しくなった森山は、彼らに意見を求め、励まされて合同オペへの参加を決める。実はその患者たちの励ましも、相良の根回しによるものだった…。

相良が院長になると言い出したのは、堂上総合病院のドクターの意識を変えるためで、本気ではありませんでした。“敵を欺くにはまず味方から”ということで、和枝たちにも嘘をついていたのです。
堂上総合病院消化器外科チームは、合同オペに向けて、あらゆる状況をシミュレーションして徹底的に準備をしました。その甲斐あって、トラブルも想定内としてすぐに対処して、西都大学病院の医師たちを驚かせ認めさせるオペとなりました。もちろん、西都大学病院心臓外科チームも超一流で、合同オペは無事成功。それを見届けた宮部佐知(比嘉愛未さん)は、思い残すことなく、看護師としての更なるスキルアップを目指し、堂上総合病院を辞めて西都大学病院オペ看護師部に転職しました。それはいわば、相良への想いを断ち切る意味合いもあったようですが、相良は特別講師として西都大学病院で若手医師たちに定期的に教えることになり、結局2人はちょくちょく顔を合わせることになりそうです。
曲がりなりにも4人の患者の心に寄り添うようになった森山。願わくば他の多くの患者にも同じように接してほしいものです。「患者を死の淵から救ってやることこそ、外科医の醍醐味」と言って成長を遂げたように見えた森山ですが、相良の大学病院特別講師着任の話を聞いて、相変わらず怒りをあらわにしました。やはり、堂上たまき院長にはもうしばらく頑張ってもらうしかないようです。
何と言っても、相良の手のひらで踊らされる森山が面白かったです。相良は、松田の再三の西都大学病院教授への誘いを断り、目の前にいる患者を助けるために堂上総合病院にこだわりました。相良がいる限り、堂上総合病院の患者は大丈夫でしょう。そして、相良が特別講師を務める西都大学病院でも、優秀なドクターが育つことでしょう。