ドクターX3 (北大路欣也さん)

kitaohji03
北大路欣也さんは、テレビ朝日系列の毎週木曜夜9時枠にて放送されている連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~(第3期)』に天堂義人 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
南の島を訪れていたフリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子さん)は、豪華客船の事故で負傷して島に辿り着いた乗客たちに遭遇する。その中には、かつて未知子が派遣された「帝都医科大学付属病院第三病院」の元院長・毒島隆之介(伊東四朗さん)の姿もあった。未知子が迅速に応急手当をして毒島は一命を取り留める。しかしその際、未知子は毒島の体の異変に気付く。
その後、毒島は、国が威信をかけて創立した「国立高度医療センター」に入院する。診断は心臓腫瘍で、総長の黒部徹也(中尾彬さん)を中心にして術前カンファレンスが行われる。西棟の西京大学病院派閥の外科部長・談合坂昇(伊武雅刀さん)と東棟の東帝大学病院派閥の外科部長・海老名敬(遠藤憲一さん)がそのオペの担当をめぐって対立。それはまさに権力闘争だ。
そんな殺伐としたカンファレンスの最中に、突如として未知子が現れて「私に切らせて。私の患者だから」と言い放つ。しかし、海老名たちは未知子を追い出すのだった…。

群れ・権威・束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器の“失敗しない”女・大門未知子。今回、彼女は、東西を代表する「東帝大学病院」と「西京大学病院」による覇権争いに巻き込まれていくようです。
未知子の手術に協力したせいで「帝都医大・高松第24分院」に左遷された過去を持つ腹腔鏡のスペシャリスト・加地秀樹(勝村政信さん)は、東帝大学病院派閥に属する外科副部長として登場。そして、第2期で「帝都医科大学付属病院」の外科統括部長をクビになった蛭間重勝(西田敏行さん)は、今回「西京大学病院」の病院長へ鞍替えして復活を遂げていました。
「国立高度医療センター」の新総長・天堂義人(北大路欣也さん)は、前総長・黒部を失脚させるやいなや、東棟と西棟の外科医局を廃止して1つに統合するなどセンター内の大幅な組織改革を断行すると宣言。さらに未知子をセンターに迎え入れました。「東と西が共に協力して医療の発展に尽力してもらわなければ、日本の医学界に未来はない」と言っていましたが、それは本心なのでしょうか。天堂が黒部に対して諭すように言った「あなたも医者なら、今、目の前にある命に執着すべきだ」という言葉を信じたいです。