BORDER 最終回 (波瑠さん)

haru
波瑠さんは、テレビ朝日系列の毎週木曜夜9時枠にて放送されていた連続ドラマ『BORDER(ボーダー)警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』に比嘉ミカ 役で出演しました。
一昨日は最終回(第9話)が放送されました。
●あらすじと感想
日曜日のショッピングモールで、8歳の少年・天川弘志(二宮慶多さん)が姿を消す。警察は誘拐事件とみて捜査を開始するが、犯人から何の接触もないまま、翌朝、弘志は遺体で発見される。捜査は捜査第一課の市倉(遠藤憲一さん)班に引き継がれ、石川安吾(小栗旬さん)たちが捜査にあたる。検視を担当した比嘉ミカ(波瑠さん)によると、死後20時間ぐらいが経過していて、死因は舌骨の骨折による窒息死とみられる。
その後、石川の前に死者の弘志が現れ、「犯人はオモチャ屋のお兄さん」という証言を得る。一方、比嘉は、弘志の胸部中央にアルファベットの「A」の文字が唾液で書かれているのを詳しい検視によって発見する。検査の結果、唾液は、血液型もDNAも検出できない非分泌型であることが判明した。一切証拠を残さず、まるで殺しを楽しんでいるかのような犯人に、石川は怒りをたぎらせる。そして、弘志の証言をもとに、ハッカーコンビ・サイモン(浜野謙太さん)とガーファンクル(野間口徹さん)に協力を仰ぎ、犯人を絞り込んでいくのだった…。

今回は“絶対的な悪”安藤周夫(大森南朋さん)が登場。石川は死者の弘志の証言とハッカーコンビ・サイモンとガーファンクルのおかげで、犯人は安藤であると突き止めました。しかし、これまで長い準備期間を費やしてあらゆる犯罪を研究しつくしたという安藤は一切しっぽを出しません。そこで石川は、安藤の留守中に部屋に裏世界の便利屋・スズキ(滝藤賢一さん)を忍び込ませ、弘志の髪を置いてきてもらいました。それから石川は安藤の目の前で自らを傷つけ、公務執行妨害の現行犯で逮捕しました。ガサ入れによって弘志の髪が発見されて、誘拐殺人事件の犯人だと判明するという計画だったのです。ところが弘志の髪どころか安藤の髪の毛一本も見つけられませんでした。警戒していた安藤は対策を講じていたのです。
特に動機があるわけではなく、これからもいろいろな犯罪を犯して死体にサインを書き続けるつもりであると石川に宣言する安藤。最終的に石川は、安藤をマンションの屋上に無理やり連れて行き、自白をしなければ突き落とすと脅しました。しかし安藤は「あなたと私には決定的な違いがあります。私は悪をなすためなら人を殺せます。でもあなたは殺せないでしょう?この差は、永遠に縮まらないんです」と言って、全く動じる様子がありません。勝利宣言する安藤を、石川は突き落としてしまいました。我に返りショックを受けて呆然とする石川の肩に手が乗せられました。それは死者となった安藤の手でした。安藤は「こちらの世界へようこそ」と石川に語りかけます。石川が目を閉じて涙を流したところで物語は幕を閉じました。
安藤の「闇があってこそ光があるんです。悪が存在してこそ正義も存在する」という言葉と、情報屋・赤井(古田新太さん)の「絶対的な悪に勝つためには、絶対的な正義にならなくてはいけない。つまり、コインの裏表になるということです。端からみれば同じものに見えるということです」という言葉が印象的でした。
石川の苦しみを察した比嘉は心配して「痛みに支配されないで」と石川に言っていました。でもその忠告もむなしく、痛みに支配された石川は、境界線を越えてしまいました。赤井が言っていたように、じっくり腰を据えて相手がしくじるのを待ち、その間に戦う知恵をはぐくんでいけば勝てる見込みもあったでしょう。でも石川はそれまで人が殺されていくことを考えると、焦らずにはいられなかったようです。
はたして石川が最後に取った行動は、絶対的な正義だったのでしょうか?それとも安藤がボロを出すのをひたすら待って、それまでに殺される人は運命として割り切ることが絶対的な正義だったのでしょうか?いずれにせよ、境界線を越えてしまった後の石川の生き方も見たかったです。