バドミントン日本男子 初の世界一

bg09
記事とは関係のない絵

バドミントン男子の国・地域別対抗戦「トマス杯」に出場した日本は、25日の決勝でマレーシアに勝ち、初優勝を果たしました。
日本は23日の準決勝で6連覇を狙った中国を3-0で下して決勝進出。その決勝ではマレーシアに3-2で競り勝って、1949年から続くこの大会で史上初の優勝を果たしました。
日本は、女子の国・地域別対抗戦「ユーバー杯」では過去5回の優勝がありますが、男子が世界一になったのはこれが初めてです。
ちなみに男子選手は以下のメンバーです。

田児賢一(NTT東日本)
上田拓馬(日本ユニシス)
佐々木翔(トナミ運輸)
桃田賢斗(NTT東日本)
早川賢一(日本ユニシス)
遠藤大由(日本ユニシス)
平田典靖(トナミ運輸)
橋本博且(トナミ運輸)
園田啓悟(トナミ運輸)
嘉村健士(トナミ運輸)