荒川アンダー ザ ブリッジ (桐谷美玲さん)

mirei
桐谷美玲さんは、TBS系列にて毎週火曜深夜に放送されている連続ドラマ『荒川アンダー ザ ブリッジ』にニノ 役で出演しています。
一昨日の深夜は第1話(episode 1 – episode 3)が放送されました(地域によって放送日が異なります)。
●あらすじと感想
大財閥「市ノ宮グループ」の御曹司・市ノ宮行(林遣都さん)は、幼い頃から父に「他人に借りを作るべからず」と教えられ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。しかし、ひょんなことから溺れかけたところを荒川河川敷に住む自称金星人のニノ(桐谷美玲さん)に命を救われる。
命の恩人となったニノに借りを返さずにはいられない行。すると、ニノが行に要求したのは「私に恋をさせてくれないか?」という事だった。かくして行はニノの恋人となり、自身も河川敷で生活することにする。行がニノに案内されて出会ったのは、どう見ても河童の着ぐるみを着た村長(小栗旬さん)、マシンガンを連射するシスターの格好をした青年(城田優さん)、髷を結ったTシャツ姿の青年・ラストサムライ(駿河太郎さん)など、常識から外れた人々ばかりだ。河川敷に住むには村長から名前をもらわなければならないという掟があり、行は「リクルート」と「理屈」の2つから由来する“リク”という名前を村長に与えられ、河川敷村に案内されるのだった…。

原作は青年漫画雑誌『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)にて連載中の同名漫画です。すでにテレビアニメ化もされました。本作のドラマと同じキャストとスタッフで映画化も決定していて、来年2月に公開予定です。
ふざけたことを大真面目に全力でやっている感じが面白いです。原作のイメージが再現されていて、例えば、河童の村長は一目では小栗旬さんだとは分からないほど特殊メイクが施されていました。今後登場する星 役の山田孝之さんも凄いことになっています。
次回から本格的に河川敷村の不思議ワールドが展開されるようです。楽しみです。