3月のライオン 後編 (豊川悦司さん)

toyokawa
映画『3月のライオン 後編』は、羽海野チカさんの同名漫画を実写化した2部作の後編です。
豊川悦司さんは幸田柾近 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
新人王を獲った桐山零(神木隆之介さん)は、学校において全校生徒の前で校長から祝賀スピーチを受ける。
そんなある日、宗谷冬司(加瀬亮さん)と零の記念対局が企画される。現名人と未来の名人の対決として盛り上げる算段で、日本将棋連盟の会長・神宮寺崇徳(岩松了さん)が、若い将棋ファン獲得のために立てた肝入り企画だ。
零が川本家の長女・あかり(倉科カナさん)、次女・ひなた(清原果耶さん)、末っ子・モモ(新津ちせさん)の3姉妹と出会ってから1年が経っていた。今では零は川本家の家族の一員のように、3姉妹たちと自然に食卓を囲むようになっていた。
そして今年も獅子王戦トーナメントの季節が始まる。獅子王戦とは、いわば宗谷名人と戦う人物を決める戦いだ。零は1回戦を無事勝ち進むが、昨年の宗谷への挑戦者・島田開(佐々木蔵之介さん)がなんと1回戦から敗色濃厚となっていた。零の師匠で養父の幸田柾近(豊川悦司さん)は、頭のケガで緊急入院して不戦敗となる。そのことを後から知って見舞いに駆けつけた零には、家で転んでケガをしたと言っていた幸田だが、実は引きこもってゲームばかりしている息子を叱った際に反対に突き飛ばされて頭を打ったのだ。そのことを幸田の娘・香子(有村架純さん)から聞かされた零は、幸田家の崩壊が進んでいると知ってますます責任を感じる。
そして零は、盛岡市において宗谷名人との記念対局の前夜祭に臨む。落ち着いた様子の宗谷だが、記者会見の席で記者と話がかみ合わない一幕があった。会見を終えてホテルの自室に戻った零は、自らの手の震えに気が付き、改めて自分は宗谷と戦うのが怖いのだと実感するのだった…。

本作では、記念対局と獅子王戦、幸田家の問題、ひなたの身に起きたいじめ問題、川本家に自分勝手な提案をする3姉妹の父親・誠二郎(伊勢谷友介さん)の問題など、内容が盛りだくさんでした。
記念対局の前夜、幸田は電話で零に「明日、おまえの前に座るのは、ただの人間だ。いいか、自分のつくった化け物と戦うんじゃないぞ。…それと楽しんでおいで」とアドバイスしました。まさに父親であり師匠でもある幸田の愛あるメッセージで印象的でした。
クラスの同級生をかばったために、いじめの矛先が自分に向けられてしまったひなたが、自分に言い聞かせるように零の前で言った「後悔なんてしちゃだめだ。私のやったことは絶対間違ってなんかない」といった言葉も印象的でした。そんなひなたの強い思いは、幼い頃いじめられていた経験のある零の心に響きました。零は自分が救われたように感じたのです。そして零の言うように、そんなひなたの強さを育んだのは、川本家の食卓、あかりをはじめとする家族なのでしょう。
ひなたのいじめ問題に関して、自分は何の役にも立たなかったと感じて落ち込む零に対して、零の高校の教師・林田高志(高橋一生さん)が言った「結果は大事だけどな、人に伝わるのは結果だけじゃない」という励ましの言葉も印象的でした。
幸田は香子と向き合い、昔の話をして諭しました。それは、香子が将棋の練習で零に負けて怒って叩いた時のエピソードです。あの時、本当は続けていれば香子は勝てたのだと説明。読み切れなかったのは、香子が自分を信じていなかったからだとし、もうだめだと夢を捨てたのは自分自身であって、今の不幸を招いたのは決して将棋のせいじゃないと力説しました。それから「諦めなければ、幸せになる一手はある。幸せになることを諦めるな、応援している」と言って励ましました。なんとも感動的でした。
獅子王戦トーナメント決勝において後藤正宗(伊藤英明さん)との対局中に、零が自らの頭を叩きだし、自分のことを支えてくれた周りの人たちのことを回想するシーンも印象的でした。ずっと暗闇にいた零は、今まで暗すぎて見落としていましたが、川本家という光のおかげもあってようやく気が付きました。自分は周りの多くの人たちに支えられてきたのだと。そして、生きるためにすがりついていただけだと思っていた将棋も、実は本当に好きだったということにも気が付いたのでしょう。幸田が零に「間違いないよ。おまえは将棋が好きなんだ。でなければ、こんなに長くやってられない」と指摘したのも印象的でした。
本作は、後藤に勝った零が、いよいよ宗谷名人に挑戦するというところで幕となりました。その対局に臨む零は、もちろん記念対局の時よりも大きく成長しています。前編、後編となんとも見応えがありました。