ジョーカー 許されざる捜査官 最終回 (大杉漣さん)

oosugi02
大杉漣さんは、フジテレビ系列にて毎週火曜夜9時から放送されていた連続ドラマ『JOKER ジョーカー 許されざる捜査官』に三上国治 役で出演しました。
一昨日は第10話(最終回)が放送されました。
●あらすじと感想
やはり、ジョーカー=“神隠し”でした。ジョーカーは、立件できない容疑者を裁いてある場所に連れて行き、行方不明者として処理するという計画の名称だったのです。警察にはいわば“裏の警察”である「UNDERGROUND V(アンダーグラウンド ファイブ)」という組織があって、巨悪な事件を極秘に扱ってきました。警察の民営化によって一度は壊滅しましたが、警察OBの手によって復活したそうです。そんな裏組織がジョーカーの母体だったのです。
三上国治(大杉漣さん)には、妻子を殺害されたという過去があり、容疑者はすぐわかったにもかかわらず、決定的な証拠が出ずに時効を迎えてしまいました。そんな三上の境遇を知った警察OBは三上に目をつけて、ジョーカーの存在を教えたのです。ジョーカーの最初のターゲットは三上の家族を殺した犯人で、任務を遂行した三上は、自分のような被害者遺族の救いになると感じました。そこで、ジョーカーの全貌を明らかにしようとする宮城夏樹(丸山智己さん)、さらには片桐冴子(りょうさん)を、ジョーカーを守ることでより多くの人を救おうと、三上は自分の一存で殺害してしまったそうです。
夏樹が残したCD-Rにあった謎の数字は、地図の座標の表記でした。現在の地図からは意図的に消されていますが、座標が示す場所には実は島があり、そこに裏組織の私設刑務所があるようです。伊達一義(堺雅人さん)が麻酔銃で眠らせて連れてきた犯人は、三上によって船でその私設刑務所に運ばれていたというわけです。
三上は証拠となるCD-Rを処分して、伊達の手によって裁かれて、死よりも重い罰、すなわち、島の私設刑務所行きを受け入れるつもりでした。しかし、伊達は「法で裁ける者は法で裁く」という自分達のルールを通しました。決定的な証拠はないと言う三上に対し、意識を取り戻し病院を飛び出してきた久遠健志(錦戸亮さん)は、自白というケリのつけ方もありだとやさしく諭します。宮城あすか(杏さん)に手錠をかけられた三上は、井筒将明(鹿賀丈史さん)に殺された2人の分だと2発殴られました。夏樹殺害の件により確執のあった井筒と三上ですが、これで和解したようです。
三上に関する捜査の過程で、伊達もジョーカーの1人であることが、井筒とあすかに知られてしまいました。伊達は辞表を出しましたが、退職する井筒は受け取りませんでした。自分の罪を見逃すのかと問いかける伊達に、井筒は、人を裁くことで自分を罰しているのだからそれで十分だと答えました。そんな井筒は、どうやら裏組織の一員である刑事部長・坂崎(小木茂光さん)と、三上を逮捕しても組織の追及まではしない、その代わりに自分も組織に加えて欲しいという取引をしたようです。組織に潜入し実態を調査するためです。ジョーカーの任務を三上から引き継いだ伊達もまた、同じような目的があるのかもしれません。
キャリアのあすかは、警察庁の刑事局捜査一課へ異動となりました。伊達にジョーカーが正しいとは思わないと言うあすかは、自分は自分のやり方で世の中の悪と戦っていくと宣言しました。動機がなくても人を殺せる今の世の中には、ジョーカーは必要な悪だと話していた三上を否定していたあすかですが、三上の言う通り、この世の中がどんなに矛盾であふれているかを思い知る時が来るかもしれません。
その後、伊達は、「伊達さんの荷物はマスターの代わりに俺が背負ってやるから」という頼もしい久遠と共にジョーカーを続けているようです。「おまえに明日は来ない」という伊達の決め台詞は、やはりしびれます。