ブラッディ・マンデイ2 (吉瀬美智子さん)

kichise
吉瀬美智子さんは、毎週土曜夜8時枠TBS系列にて放送されている連続ドラマ『ブラッディ・マンデイ シーズン2』に折原マヤ 役で出演しています。
一昨日は第4話が放送されました。
●あらすじと感想
折原は金で雇われて2年前のウイルステロに関与していたようです。今回は、内閣総理大臣・九条彰彦(竜雷太さん)に雇われて“魔弾の射手”による「日本再起動計画」を阻止するために動いていました。実は加納生馬(松重豊さん)も九条の命を受け動いているようですが、サードアイに“魔弾の射手”のスパイと勘違いされて拘束されてしまいました。
行方不明だった九条音弥(佐藤健さん)は、朝田あおい(藤井美菜さん)の敵を討つために、折原を信じることにして協力していました。高木藤丸(三浦春馬さん)も、音弥の覚悟を聞いて折原に協力することにして“第三の皇帝”に関する情報をハッキング。“第三の皇帝”の場所を突き止め、藤丸は音弥、折原と一緒に現場に向かいましたが、そこには敵が待ち構えていました。藤丸と音弥をかばって敵に追われる折原は、古傷が開いてしまったこともあり、追い詰められて、やられてしまいました。死の直前、折原は藤丸と音弥に“第三の皇帝”の正体は最強最悪の水素爆弾・通称「ツァーリボンバー」のことであること、「教授」と呼ばれる男が「ツァーリボンバー」、そして“魔弾の射手”に辿り着く鍵を握っているということを告げました。教授の元には藤丸のバイト仲間・水沢響(黒川智花さん)がいるそうですし、サードアイに潜む“魔弾の射手”のスパイは、澤北美姫(阿南敦子さん)のようです。
それにしても、折原マヤが亡くなってしまったのは残念です。2年前のテロの首謀者・Kこと安斎真子(徳永えりさん)のように、表向き死んだとされていて、実は生きているという展開はないのでしょうか。