オトメン (佐野和真さん)

sanokazuma
佐野和真さんは、フジテレビ系列にて毎週土曜夜11時台に放送されている土曜ドラマ『オトメン(乙男)~夏~』に橘充太 役で出演しています。
昨日は第7話が放送されました。
●あらすじと感想
今回のメインは、幸花ジュエルというペンネームで、本人たちには内緒で正宗飛鳥(岡田将生さん)と都塚りょう(夏帆さん)をモデルに少女マンガ「らぶちっく」を描いている橘充太(佐野和真さん)のお話でした。
飛鳥とりょう、さらに多武峰一(木村了さん)まで魅了する「らぶちっく」は、黒泉社漫画大賞に選ばれました。ファンの夢を壊したくないと、自分が作者であることを隠している充太ですが、自分が主役の授賞式を欠席するわけにもいかず、充太は、妹・久利子(武井咲さん)に幸花ジュエルのふりをするように頼みます。会場には、あろうことか、抽選に当たったという飛鳥とりょうも来ていて、鉢合わせした充太は、編集者の叔父に入れてもらったと嘘をつきました。面白いのが、マンガのモデルになっている2人は、マンガと同じような体験をしているにもかかわらず、純粋なまでに偶然と解釈しているところです。充太が「恐ろしい子たち」と言うのも無理はありません。
控え室で待機していた久利子は、ファンからの花を届けに来た黒川樹虎(市川知宏さん)と会います。久利子にとって気になる存在である樹虎は、「純粋さ、正直さ」が花言葉のこの白バラは、読者の思いが込められているはずと説明。罪悪感からか、久利子は逃亡してしまいました。それを知って途方に暮れる充太のもとに、今回の漫画大賞のプレゼンターである少女漫画界のカリスマ・城之内ミラ(鶴見辰吾さん)が来ます。ミラは編集者から、充太が正体を隠していることを聞いていて、何もかもお見通しのようです。実は、ミラは、突然「オレは女になりたかった」と失踪してニューハーフとなった飛鳥の父・正宗主水乃介だったのです。そうとは知らず、ミラのマンガのファンでもある飛鳥は、サインをもらっていました。そこに書かれたメッセージは「Honesty is hardly ever hard,and mostly what I need from you(正直である人はほとんどいない。でも、あなたにはそうあって欲しい)」という意味深なものでした。ミラに「少女漫画家は自らの作品にふさわしいキャラクターであるべき。でも、もし今の自分がそうではないと思うなら、プロとしてすべきことはひとつではなくて?」というアドバイスをもらった充太は、意を決して多武峰を呼び出します。
授賞式が始まり、幸花ジュエルがみんなの前に姿を現しました。それは、多武峰によって蝶に生まれ変わった充太でした。女装しているとはいえ、声がそのまんまの充太に気づかない飛鳥とりょう。ミラが言うところの「らぶちっく」という作品で読者にかけた魔法が、2人にも例外なく効いているということでしょうか。2人ともジュエルが綺麗だとうっとりしていました。スピーチで、主人公の2人から正直であること、素直であることの大切さを学んだという充太は、「飛鳥ちゃん、りょうちゃん、ありがとう!」とお礼を言いました。その“ちゃん”付けの呼び方にりょうがピンと来て、ようやく2人は幸花ジュエルは充太では?との疑問を持ちました。そんな2人を知ってか知らずか、ウィンクと投げキッスをして会場を後にする充太。幸花ジュエルという仮面をかぶり別の人間になることができた充太は、幸せそうでした。