オトメン (木村了さん)

kimura
木村了さんは、フジテレビ系列にて毎週土曜夜11時台に放送されている土曜ドラマ『オトメン(乙男)~夏~』に多武峰一 役で出演しています。
昨日は第4話が放送されました。
●あらすじと感想
多武峰一(木村了さん)は、正宗飛鳥(岡田将生さん)のいる学校に転校してきました。剣道のライバルとして飛鳥を意識し続け、近くにいてその存在を感じていることが彼の生きがいらしいです。
そんな中、飛鳥や多武峰ら剣道部員と、都塚りょう(夏帆さん)、橘充太(佐野和真さん)、充太の妹・久利子(武井咲さん)は、有明大和(瀬戸康史さん)に頼まれ、大和の叔父が営む海の家の手伝いに行くことになりました。その海の近くのイベントで事件が発生。世界的に有名なヘアメイクとスタイリストのトークショーでしたが、肝心なそのアーティストとモデルが来れなくなり、スタッフに見初められた都塚りょうが代役としてモデルをすることになりました。ところが、スタッフたちはセンスの欠片もなく、とんでもないメイクと衣装を施されてしまう都塚りょう。それを見るに見かねた飛鳥がその美的センスと得意の裁縫を披露し、多武峰に裁縫だけではなく、料理とカワイイものとキラキラしたものも大好きだと明かしました。すると、今度は多武峰が特技を披露します。実は、多武峰はメイクが趣味・特技という、化粧師系のオトメンだったのです。
その後、飛鳥と多武峰は、来れなくなったアーティストの代わりにトークイベントに参加。海の家でやらされたヒーローショーの時のマスクを被りながら、生き生きと好きなことについて語り合いました。お互いに同じような悩みを抱えた仲間だと分かり、2人の間にあったわだかまりも解けたようです。
多武峰もオトメンだったとは驚きました。友情物語として面白かったです。