オルトロスの犬 (錦戸亮さん)

nishikido03
錦戸亮さんは、TBS系列にて毎週金曜夜10時から放送されている連続ドラマ『オルトロスの犬』に碧井涼介 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
手を触れるだけであらゆるケガや病気を治す“神の手”を持ちながら、悪魔のように冷酷な男・竜崎臣司(滝沢秀明さん)と、触れるだけで人を殺すことができる“悪魔の手”を持つことによって苦悩する、天使のような心優しい男・碧井涼介(錦戸亮さん)。この2人は南品川署刑事の長谷部渚(水川あさみさん)によって引き合わされる。死刑囚として牢獄にいる竜崎は、碧井を言葉巧みに騙して手助けをさせて、見事脱獄に成功するのだった…。

タイトルの「オルトロス(Orthros)」はギリシャ神話に登場する2つの頭を持った犬をあらわします。恐らく、合わせ鏡のような能力を持つ竜崎と碧井のことを意味するのでしょう。
このドラマは複数の脚本家がストーリーを作っていき、それをメインライターがまとめあげるという、いわゆる“ショーランナー”という様式を採用しています。
特殊な能力を持った人間と、その力にすがりつく人間たちの悲劇が描かれていくようです。第1話を観た感じでは、竜崎が主導権を握る形で、人間としての“究極の選択”を突きつけていく展開が予想されます。渚の娘は病を患っているようですし、碧井が助けられなかった女子生徒も瀕死の重傷です。内閣総理大臣の座を狙っている社会厚生大臣・榊遥子(高畑淳子さん)は心臓病を患っているようです。このように竜崎を必要としている人間がすでに多く存在していて、今後の展開が気になるところです。