ハリー・ポッターと謎のプリンス (ダニエル・ラドクリフ)

harry-potter-daniel
ダニエル・ラドクリフは、現在公開中の映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(Harry Potter and the Half-Blood Prince)にハリー・ポッター役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想
復活を果たした闇の帝王、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)は魔法界のみならず、マグル〈人間〉の世界にまで支配力を強めようとしていた。ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)とホグワーツ魔法魔術学校の校長、アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)は、来るべき最終決戦の準備を開始。ヴォルデモートの防御を解く手がかりは彼の過去にあるとにらんだダンブルドアは、極めて重要な情報を握っていると思われる人物を学校に迎え入れる。それはダンブルドアの旧友で元同僚の魔法薬学教授、ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)だ。ダンブルドアはハリーに、スラグホーンに取り入って情報を聞き出すように指示を出した。そんな中ハリーは、謎のプリンスが使っていた教科書を偶然手に入れる。そこには魔法薬のことだけではなく、謎のプリンス自身が発明した闇の呪文が多く書き記されていた。
一方、ハリーの親友であるロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)は、ラベンダー・ブラウン(ジェシー・ケーブ)と恋に落ちる。ロンに思いを寄せているハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)はそれを嫉妬する。ハリーもまたロンの妹であるジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)へ淡い思いを抱いているのだった…。

J・K・ローリング原作による世界的ベストセラー小説『ハリー・ポッター』シリーズの映画版第6弾です。完結作となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』も、前編と後編の2部作に分けて公開されることが決定しています。
今作は見どころが満載で中身が濃いといえば濃いのですが、どうも最終章に繋がる前説的な印象が強く、個人的には物足りない感じがしました。それは多分、見せ場が多い分、山場が定まっていないこと、ハリーの見せ場がイマイチなことなどが原因だと思います。
とは言え、思春期を迎えたハリー、ロン、ハーマイオニーたちの恋愛模様が面白かったですし、ヴォルデモートの過去や防御に関する秘密も興味深かったです。そして、謎のプリンスの正体、ラストの衝撃的な展開など、続きが気になる終わり方で、今後の展開も楽しみです。