BOSS (玉山鉄二さん)

tamayama03
玉山鉄二さんは、フジテレビ系列にて毎週木曜夜10時から放送されている連続ドラマ『BOSS』に片桐琢磨 役で出演しています。
一昨日は第8話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
左胸を赤いインクで染めた人形が特別犯罪対策室宛に送りつけられる。同じ頃、暴力団幹部が射殺される事件が起きた。銃弾から、犯人は別の暴力団幹部の谷本隆(工藤俊作さん)だと特定されたが、谷本は、駆けつけた大澤絵里子(天海祐希さん)たちの目の前で何者かに狙撃され死亡してしまう。片桐琢磨(玉山鉄二さん)の携帯が鳴り、おまえのせいでこれからまだまだ人が死ぬとの犯行予告を受けるが、片桐は絵里子たちに報告しなかった。
対策室に再び人形が送られてくる中、犯人の予告を受けて片桐が駆けつけた現場で、川野昭夫(長谷川博己さん)が狙撃されてしまう。ビルの上に見えるライフルの方に向けて片桐は銃を構えるが、撃つことができなかった。
片桐の様子がおかしいと察した絵里子は、野立信次郎(竹野内豊さん)の手を借りて捜査資料を閲覧して、片桐を苦しめている3年前の事件の全容を知るのだった…。

今回はいよいよ片桐が過去に負った心の傷が明らかになるお話でした。
射撃の名手・片桐が、射撃訓練することさえしなくなった原因は3年前の事件にありました。
3年前、犯人・谷本を追っていた片桐は、当時の上司・小野田忠(塩見三省さん)の命令に従い発砲して射殺してしまいましたが、相手は谷本の影武者で別人でした。そしてそれは、片桐一人の独断での発砲ということにされ、他の部署に飛ばされてしまいました。以来、片桐は誰も信じず、組織に当てつけるようにして定時で帰るようになりました。間違った人物をあやめてしまった恐怖から、拳銃も撃てなくなってしまったようです。そんな片桐に、現在の上司・絵里子は「今あなたがすべきことは、自暴自棄になることでも、組織を恨むことでもない。そんなことしたって犯罪に苦しむ被害者の数は減らない。一人でも多くの犯罪者を捕まえること、それが刑事。あなたも刑事なら犯人捕まえてみなさい」と言い、「組織は信じなくていい。でも、仲間は信じなさい」と諭します。今までの過程もあったからでしょう。片桐は、自分を信頼してくれる上司と仲間がいることに気づかされ、心の傷を少しは克服することができたようです。今回、片桐は拳銃を使うことができました。
犯人は、3年前、誤って射殺された人物の恋人で、犯人の最後のターゲットは、参事官・屋田健三(相島一之さん)でした。当時、射撃命令を出したのは、小野田ではなく屋田だったのです。
今回も山村啓輔(温水洋一さん)のキャラクターが面白かったです。山村があちらこちらで借金をしているのは、今回のように女性に騙されているからなんですね。なにはともあれ、これで片桐が過去に生きるのをやめて、イケメンが集う異業種交流会の“野立会”に参加するようになるのでしょうか?