太陽と海の教室 (北川景子さん)

kitagawa02
北川景子さんは、毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『太陽と海の教室』に榎戸若葉 役で出演しています。
一昨日は第7話が放送されました。
●あらすじと感想
田幡八朗(濱田岳さん)は、一緒に死んで欲しいと言ってきた次原雪乃(大政絢さん)に思いとどまるよう説得する。死にたいという理由は、親友に彼氏をとられたというものだった。八朗は、雪乃を裏切らないこと、自殺しようとしたことを誰にも話さないことを約束してなんとか雪乃を思いとどまらせ、交際することになる。
二学期が始まり、櫻井朔太郎(織田裕二さん)は、神谷龍之介理事長(小日向文世さん)の指示で3年1組の担任からはずされてしまう。それでも櫻井は、榎戸若葉(北川景子さん)に協力してもらいながら、インターネットの掲示板の自殺予告について調査をする。櫻井は家庭訪問を始めるが、受験の時期ということもあり、それが保護者の間で問題となり、神谷理事長に学内の清掃を命じられてしまう。それでも櫻井はめげない。櫻井は密かに作成していた履修漏れ教科に関しての補習計画表を校長・長谷部杏花(戸田恵子さん)に渡して確認をお願いする。
八朗は、雪乃と一緒にいることが多くなり、灯里の誘いも断る。八朗の気持ちを確かめようとする灯里に、八朗は雪乃との交際宣言をし、灯里のことをもう好きではないと嘘をついてしまう。それを見ていた根岸洋貴(岡田将生さん)は、八朗と灯里の和解を促すが、それを受け入れようとしない八朗と揉み合いになり思わず殴ってしまう。殴られた八朗は、灯里を泣かすなと言う洋貴に、灯里が本当に好きなのは洋貴だと言ってしまう。
そこまでして雪乃をかばう八朗だが、待ち合わせの場所に向かう途中、雪乃から電話があってとんでもないことを言われる。雪乃は、元彼から電話があってこれから会うんだと明るい声で話し、感謝と別れの挨拶をいけしゃあしゃあと述べた。ところが、元彼との待ち合わせ場所にいたのは、雪乃から元彼を奪った元親友・野々村美優(小林夏子さん)だった。美優は、雪乃がまだ生きているかどうか確認するために、彼に電話をするように頼んだのだと言う。しかも追い討ちをかけるように、どうしてまだ生きていのるかと訊ねる。
灯里に嘘をついてしまったことを悔やむ八朗のもとに、再び雪乃から電話が入る。またしても一緒に死のうと言い出す雪乃に、八朗は思わずきっぱりと断り突き放してしまい、後から慌てて呼びかけるが、電話は切れてしまう。ちょうどその時、家庭訪問と八朗の言動から、雪乃に何かあってそれを八朗が知っていると直感した櫻井が八朗に電話をかける。八朗は、自分でなんとかできると思ったと告白し、櫻井に助けを求める。
櫻井と八朗が雪乃のマンションへ急いで行ったところ、ちょうど雪乃が階段をのぼって屋上に向かっているところだった。櫻井は雪乃を追いかけ、説得をし、一時は思いとどまったかのように見えたが、そこに櫻井から連絡をもらっていた若葉が柴草修平(八嶋智人さん)と共に駆けつけ、柴草が不用意に声をかけたばかりに、雪乃が驚きパニックに陥り、再び階段の方へと走り出した。それを止めに走った櫻井の上に、階段から足を滑らせた雪乃が覆いかぶさるように落ちるのだった…。

灯里のたった5ミリの前髪の変化に気付く八朗。そんな八朗の愛に灯里はいつしか心を動かされていたようです。灯里が白崎凛久(北乃きいさん)に正直な気持ちを話し、八朗のことがどんどん好きになっていったと打ち明ける場面が印象的でした。
教師は割に合わない仕事と言う若葉に櫻井はこう言います。「教師の仕事は、ゴールに着くことじゃないよ。教師は、いつもスタートラインに立っている。どこにゴールがあるのかは見えない。俺たちはただ、スタートラインに立って、生徒たちの背中を押す。彼らが走り出すのを見送る。彼らの背中を見送り続ける。俺たちにゴールはない。だけど、結果はいつか彼らがゴールにたどり着いた時、笑顔が知らせてくれる。それだけで、十分、割に合うんじゃないのかな」
そんな言葉を聞いた若葉は、神谷理事長たちに「3年1組の生徒たちのことを誰よりも思っているのは、櫻井先生なんですよ」と初めて真正面から言い切りました。若葉の成長がやっと感じられて良かったです。
ひとまずは、誰かの死を回避することはできましたが、雪乃の心の闇が晴れない限り、このままではまだ終わらなさそうです。