無理な恋愛 (夏川結衣さん)

natsukawa
夏川結衣さんは、毎週火曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『無理な恋愛』に長野かえで 役で出演しています。
今週は第9話が放送されました。
●あらすじと感想
長野かえで(夏川結衣さん)は父・幹二(前田吟さん)に「(女優として成功する夢に向かって)100%やりきってんのか? 悔いのないようにやってるのか? 結論、先送りにしてるんじゃないのか?」と問いかけられました。かえでと似たような状況である私もこの言葉にははっとさせられました。そして、かえでは父のこの言葉や頑張っている立木正午(堺正章さん)の姿に背中を押され、女優としてできることを目一杯頑張ってみようと奮起し、オーディションや営業活動を始めます。
また、東海林龍彦(徳井義実さん)も正午に「お前は、これからいくらでも得点できるだろう。そのチャンスがあるだろう? 若いっていうことは、そういうことなんだよ。変われるんだよ、お前は」と励まされ前向きになり、水田一郎(福田充徳さん)が書いた映画の脚本に協力し始めました。
正午のおかげで自分の道を見つめ直し頑張り始めた、かえでと龍彦。しかし、皮肉にも正午の道には暗雲が立ちこめてきました。正午がプロデュースする新人バンド・ZUKANのCDの売れ行きが不調で、社員たちから現場を離れるよう言われてしまったのです。
「ついに来たのかな…潮時なのかな…」と落ち込む正午の今後の動向や、正午、かえで、龍彦の奇妙な三角関係の結末が気になります。